次世代スター、ダヴ・キャメロンが自分自身を好きになるためにしていることって?

写真拡大 (全2枚)

天使のように可愛いルックスながら、SNSではハッキリ物を言う“ギャップ”が人気のディズニー女優ダヴ・キャメロン。先日ツイッターでは「私は家でも、自分のためにドレスアップする」と告白。その意図とは?

PHOTO:Shutterstock/AFLO

1人2役で主役を務めるディズニードラマ『うわさのツインズ リブとマディ』でブレイクし、昨年のライブTV『ヘアスプレー』で大きな注目を浴びたダヴ・キャメロン。次世代のセレーナ・ゴメスとも言われるカリスマ性は、可愛さ、演技力、歌唱力だけにあらず、ファンに常に思ったことを言う正直さにもアリ。

最近はツイッターで、「私は家でも、いつも自分のためにドレスアップする」、「自分なんかと付き合いたくない、自分になんかに惚れるわけない、そう思っているなら、それは直すべき」と自身への愛をオープンに語ったダヴ。

これにつき「それって自分にうぬぼれてるってこと?」と一部のファンが質問すると、「自分を愛する事と、うぬぼれは全く別物。自分を愛し、良く思うことは健康的だし、他の人を愛するためにも良いことよ!」と反論。

以前にもツイッターで、「自分のどこが好き?」というファンの問いかけに「自分の大きくて、お茶目な瞳、知性、笑顔、コミュニケーション力、頑張り屋、強さ、誠実さ、脆さが大好き」とコメントしていたダヴ。自分自身について考えると、ネガティブな事ばかり思いつきがちだけど、ダヴのように長所に目を向ければ、気分が上がって、心も大きく、広くなるはず。それでも自分のことを好きになれないと悩むなら、まずはダヴの言う通り、常に着飾って、美しい自分でいることから始めてみては?

TEXT:MARIKO PEELING