画像提供:マイナビニュース

写真拡大

●レイドバトルって何だ?

6月19日以降のアップデートで、ポケモンGOに新機能が追加されます。前編では「ジムバッジ」のシステムなどを紹介しましたが、後編では新たなバトルシステム「レイドバトル」を解説していきます。いきなりこの記事にたどり着いてしまった人は、まず前編を読むとより楽しめると思いますので、よろしくお願いします。

***

岡安: 新たに導入される機能として、「レイドバトル」というものがあります。

藤谷: レイドバトルというと、協力プレイですよね。ポケモンGOのトレーラー映像にあった、あの協力バトルが実現するんですね。

岡安: まあ、厳密にはあの映像とは違うんですけど、とにかくみんなで協力して、強力なポケモンを倒すというものです。

藤谷: レイドバトルはどうすればできるんですか。

岡安: レイドバトルに参加するには、「レイドパス」が必要です。これはジムに併設されたポケストップでのみ入手できるアイテムで、1日1回出現します。で、レイドバトルですが、いつでも始められるというわけではなくて、どこかのジムに大きなタマゴが降ってくるわけです。そのタマゴが孵化したらレイドバトルが始まります。

藤谷: レイドバトルが始まっているジムの近くにいたら誰でも参加できるんでしょうか。

岡安: レイドバトルは1グループ最大20名まで参加できます。当然、仲間が多い方がレイドバトルで登場したポケモンを倒しやすくなります。20名というのは、あくまでも1グループの最大数で、グループ自体は何個も作れますので、その場にいれば必ず参加することはできますよ。

藤谷: ああ、そうなんですね。グループはいわゆる赤、青、黄色のチームごとに分かれるんですか?

岡安: レイドバトルに関しては、最初に決めたチームは関係なく組めますね。ただ、バトルの貢献度によって報酬が変わるので、グループに同じチームの人がたくさんいたほうが有利ですね。

藤谷: なるほどー。でも、レイドバトルってそんなに頻繁に起こらないんですよね? タイミングよくレイドバトルが起きているジムを見つけるのは難しくないですか?

岡安: ジムにタマゴが降ってきた時にカウントダウンが表示されるみたいです。どうやら孵化まで結構な時間があるようで。まだ調整中らしいですけど、24時間後とか。今後は「どこどこのジムにタマゴが出て、何時間後に孵化するぞ」なんて、SNSなどで話題になるんじゃないですかね。

藤谷: なるほど。友だちと情報を共有して、示し合わせて行けばいいんですね。ただ、1チーム20人までだと、たくさん人が集まれば友だちと同じチームになれないこともありますよね。せっかく一緒に来たのに、それは困るかも。

岡安: そんなときのために、自分でグループを作って、グループコードで参加を管理する方法があるんです。友だちにそのグループコードを入力してもらえば同じグループになれます。

藤谷: わあ、考えられていますね。あと思ったんですが、レイドバトルって人数が集まらないと負ける確率が上がりそうですね。

岡安: 孵化したボスポケモンのCPと、その上に表示されるポケモンアイコンの数によって大体の強さがわかるんですよ。10人くらいいれば倒せるとか、15人は必要とか。となると、1〜2人しか集まらなかった場合は当然、倒せないでしょうね。でも、レイドバトルは一定時間まで再挑戦ができるんです。

藤谷: あれ、レイドバトルに参加するにはレイドパスが必要で、それは1日1回しか出てこないって話でしたよね?

岡安: 再戦に限ってはレイドパスがそのまま使えるので、新たなレイドパスは必要ないです。で、3分以内に再戦すると、それまでに与えたダメージ量を引き継いでバトルが開始されます。

藤谷: なるほど、5人グループが2回戦えば、10人で1回戦うのと同じようなダメージが与えられそうですね。

●ボスポケモンは捕まえられる

岡安: レイドバトルに勝利するとアイテムがゲットできるんですが、ここで貰えるアイテムのほとんどが特別なアイテムなんです。そのひとつがボスポケモン専用のモンスターボールです。

藤谷: ほほぉ。もしかして、そのボールを使ってボスポケモンを捕まえるんですか。

岡安: そうです。ボスポケモンは倒したからゲットできるわけではなく、ちゃんとボールで捕まえないといけないんです。特別なモンスターボールは、レイドバトルの参加賞、ダメージ数、所属チームの貢献度などによってもらえる数が変わります。

藤谷: なるほど。アーケードゲームやスーパーファミコンでリリースしていた「ウルトラマン」でいうと、残機数が弾数に反映されて、ゼットンを倒すチャンスが増えるようなイメージですね。

岡安: まあ、そうなのかな。うーん。というか、藤谷さんは世代ではないような気がするんですけど……。なので、特別なモンスターボールは通常より手に入りにくいうえ、当然ボスポケモンはモンスターボールから脱出してしまう確率が高いので、捕まえられたらラッキー! くらいのイメージですかね。たぶん、1チームでひとり捕まえられたら御の字って感じじゃないでしょうか。

藤谷: なかなかシビアですね。でも、某ゲームのURカードのガチャよりは大分親切な確率ですよね。

岡安: 変なところでぶっこむのやめてくださいね。他にも特別なアイテムが出るとのことですよ。

藤谷: え、なんだろう、無限ふかそうちとかですか。

岡安: 出るわけないじゃないですか。正直、今回発表されたのはファン待望のアイテムなんですが、藤谷さんの発言でそのインパクトが半減したような気がします。まあ、気を取り直して……そのアイテムは、なんと「わざマシン」です!

藤谷: ああ、苦労して手に入れたカイリューの技が「りゅうのいぶき」×「りゅうのはどう」になってしまったとしても、わざマシンで技を変えられるってことですね。

岡安: そうですね。まあ、今はりゅうのいぶきもりゅうのはどうも覚えないんですけどね。わざマシンにはノーマルとスペシャルがあって、「わざマシンノーマル」でノーマルアタックの技を、「わざマシンスペシャル」でスペシャルアタックの技を新たに覚えます。

藤谷: 変えたいほうの技だけ変えられるのはいいですね。他にも特別なアイテムはあるんですか?

岡安: ズリのみよりも効果が高い「きんのズリのみ」とか、どのポケモンにも使える「ふしぎなアメ」とかですね。

藤谷: ゴイスーですね。なんかゲームの難易度一気に下がる感じがします。もはや甘やかしですね。

岡安: ナイアンティックもそこまで言われる筋合いはないと思いますよ。まあ、それだけレイドバトルは特別ってことですね。

藤谷: そうですよね。1日1回ですし、どこで発生するかわからないんですもんね。近くでレイドバトルがあるのに、レイドパスが無くて参加できないのは悔しいですね。

岡安: 一応、毎日貰えるレイドパスの他に、ポケコインで購入できるレイドパスもあるんですけどね。

藤谷: ナイアンティックの商売上手。しかし、ものすごいアップデートですね。もはや、いままでのポケモンGOとは違うゲームと言っていいかもしれません。これはやるしかないでしょう。

岡安: 6月19日のアップデートで、今回紹介した新機能が追加されることにはなっているんですが、ジムが新しくなるのは「順次」というイメージのようですよ。少しずつ対応していく、と。

藤谷: まじすか、騙された!

岡安: いや騙してはいないんですけどね。あと、レイドバトルの導入はさらにもう少し先になります。

藤谷: 先程の興奮を返していただきたい。

岡安: でも、そんなに時間がかかるわけでもないようなので、ちょっと待てばすぐに遊べるようになりますよ。

藤谷: まあ、そうですよね。たぶん、1周年記念の大型アップデートでしょうから、1周年記念となる7月6日、もしくは日本ローンチ記念日の7月22日には変わっていると良いですね。

岡安: 早くしないと、藤谷さんがまた企画を8カ月くらい放置しちゃうかもしれないですしね。

藤谷: 岡安さん、その件結構根に持ってますね。レイドバトルの導入、楽しみに待ってまーす。