「付き合ったばかりの頃は、あんなにLINEしていたのに……」最近、彼の仕事が忙しくて、なかなかLINEができていない。こんな経験に心当たりのある女性も多いでしょう。

元々男性は恋愛への優先順位が低く、付き合いが落ち着いてくると、仕事優先になるといいます。



出典:Nosh

でも彼女としては、正直彼からの返事がほしいですよね。忙しい彼に面倒くさいと思われずに、無理なくLINEを続ける方法はないでしょうか? 考えてみました。

 

■彼の返信内容に返事を合わせる

「彼とLINEしたいときって、自分のことを話したい場合が多い気がする。女性って話し好きが多いじゃないですか。たぶん、彼もそれを分かっているから、既読スルーされてもあまり気にしないことかな。」(27歳/女性/IT)

付き合っていれば、相手のことがだんだんと分かってきますよね。恋人のLINEの送り方もしかりだと思います。

だからといって、彼に甘えるように連続で送ってしまったり、返事を催促してしまうと、「面倒くさい」と思われてしまうのがオチでしょう。

彼の返信内容に合わせて、自分の送り方も調節してみて。すると、彼も配慮してくれている気持ちが嬉しく感じられたり、申し訳なく感じたりするはず。

仕事に追われながらも、「なんとか返してあげよう」という気持ちになりやすいのではないでしょうか。

 

■用件は短文で送る

「たくさんメッセが送られてくると、あれこれ返信しなきゃいけない気がするから、返事が遅くなるんだよね。気になることがあれば、短文で送ってきてくれたほうが、急いでいるときでも返信しやすいかも。」(28歳/男性/販売)

返事が欲しいときは、なるべく短く送って、用件を明確にしましょう。たとえば「○○のマンガもう買った?」「あれ、すごく面白かったよー」といった具合です。やり取りが途切れても、その話はもう終わったと考えて。

さらに話したいことあれば、その話はリセットして「お疲れ様。実は今日、仕事でさ」と、再び送ればいいと思います。自分が言いたいことを一方的に送るのではなく、彼が返信しやすいメッセの送り方を意識してみてください。

 

■反応のいい時間帯に送る

「仕事している最中に送っても返事は返ってこないだろうから。やっぱり彼が帰宅して、落ち着いている頃に送るかな。そのほうが、彼も返信しやすいだろうし。」(28歳/女性/サービス)

送るタイミングも大事です。彼が反応のいいタイミングを狙って送れるといいかもしれませんね。でも、いつも同じ時間を狙ってしまうと、お決まりパターンにちょっと飽きてしまうかも?

決まりきったLINEの仕方は、マンネリのもとです。

彼が落ち着いている時間帯を狙って、突然通話をするとか。夜更かしメッセは早めに切り上げて、朝一番にメッセを送るとか。彼のペースに合わせるだけではなく、自分のペースも考えたほうが、彼も「あなたにも都合がある」とわかり、構ってあげたくなる気持ちが高まるかもしれません。

 

彼への仕事の配慮と、メッセージの送り方に注意すること。何より自分が無理せずLINEする気持ちが、彼とのLINEを楽しむ1番のポイントになるでしょう。

【画像】

※ Stokkete/shutterstock

【関連記事】

※ 既読スルー確定!男に悪印象を与える「ダメLINE」3つ

※ 思わずスクショ!男がガチでドン引きしたLINEエピソード

※ これ、いつ終わるんだよ…男に実は嫌がられているダメLINE

※ 拷問だぁ〜!男子が返信に困る「女子からのLINE」4選

※ 「心配をしてくれた…キュン♡」あざと可愛いLINEで男心をつかめ!

※ 離れられない!彼氏から「いつまでも求められる彼女」になるコツ