浦和が天皇杯2回戦で大幅ターンオーバーも くすぶる選手たちにチャンス到来

写真拡大

“らしくない”プレーが続く西川に代わり、34歳の榎本にチャンス到来

 リーグ戦3試合勝利なしの浦和レッズは、21日の天皇杯2回戦・グルージャ盛岡戦で大幅なターンオーバーを敷くと予想される。

 GKはJ1・15節のジュビロ磐田戦で失点を招く大きなミスを犯した西川周作に代わり、34歳のベテラン榎本哲也が起用されることが濃厚だ。

 西川は磐田戦の前半、相手のFKに飛び出したもののボールに触ることができずに失点。さらに後半には、スルーパスをクリアしようと飛び出しながら、クリアボールを相手MFアダイウトンに当ててしまい、そのまま持ち込まれてゴールネットを揺らされていた。

 今季の西川は、AFCチャンピオンズリーグの上海上港(中国)戦でも、飛び出してパスカットした後にフィードをミスし、がら空きのゴールにシュートを決められるなど、“らしくない”プレーが多発している。

 一方の榎本は今季、横浜F・マリノスから移籍加入したが、ここまで公式戦の出場はAFCチャンピオンズリーグのFCソウル戦のみ。J1でレギュラーとしてプレーしてきたが、西川の牙城を崩せずに開幕から4カ月が過ぎてしまった。

盛岡戦は矢島や長澤ら新加入選手に出番が…

 しかし、西川は6月のロシア・ワールドカップアジア最終予選メンバーから外されるなど、パフォーマンスが上がってこない。今季リーグ戦14試合で20失点と、守備陣全体が不調に陥っており、榎本にとっては格好のアピールの場をなりそうだ。

 浦和はミハイロ・ペトロヴィッチ監督の就任以来、下部カテゴリーと対戦する天皇杯のゲームでは、11人ほぼ全員をターンオーバーするのが恒例になっている。

 昨年リオデジャネイロ五輪の主力として活躍し、J2ファジアーノ岡山からレンタル復帰したMF矢島慎也や、ジェフ千葉から復帰のMF長澤和輝、湘南ベルマーレから移籍のMF菊池大介といった、前所属チームで「10番」を背負いながら出場機会に恵まれない新加入選手たちにも出番が与えられそうだ。

 浦和は2013年、14年と、大幅なターンオーバーを敢行した3回戦でJ2所属クラブに敗れる波乱を演出した過去もある。J3盛岡との対戦で、不調にあえぐチームに新風を吹き込む選手は現れるだろうか。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

【動画】Jリーグ公式YouTubeチャネルで公開された浦和対磐田戦のハイライト

https://www.youtube.com/watch?v=r3wzag2suV8&t=0s

Jリーグ公式YouTubeチャネルで公開した浦和対磐田戦のハイライト