画像提供:マイナビニュース

写真拡大

●VESA、DisplayPortの現状を解説 - DisplayPort Alt Mode on USB Type-Cに注目

○USB Type-Cコネクタを使用する「DisplayPort 1.4 Alt Mode」認証規格も

ビデオエレクトロニクス規格協会(以下、VESA)は6月19日、都内で報道機関向けの技術説明会を開催。ビデオエレクトロニクス規格協会(VESA)コンプライアンス プログラム マネージャのジム チョート(Jim Choate)氏が、DisplayPort 1.4と、Altモードを中心に解説を行った。

DisplayPortは、2005年にデル、インテル、アップルなどが協業して作成したディスプレイ接続の規格だ。ロイヤリティー・フリーで高い性能を持ち、さらに将来の技術に対応できるような規格となっている。

最新のDisplayPort 1.4は、2015年にリリース。新機能としては、DSC1.2(Display Stream Compression : 画像圧縮)、FEC(Forward Error Correction : 外部ディスプレイで画像圧縮を行う際に必要な誤り訂正)、MST(Multi Stream Transport : 1つのポートから複数のディスプレイに出力する機能)、ハイデフィニションオーディオ、Adaptive Sync(AMDのFreeSyncをVESAで標準規格化)が加わっている。また、ケーブルを流れる信号も、HBR3(High Bit Rate)により50%高速化され、1本のケーブルで8Kモニタにも対応する能力を持っている。

引き続き話題は、2014年に制定された「DisplayPort Alt Mode」規格に移る。これは、USB Type-Cコネクタを使って画像出力を行うもの。小型の機器において、コネクタサイズやコネクタ数が限られるケースで有用な規格だ。

USB Type-CコネクタでDisplayPortの信号出力が可能になった理由としては、USB Type-Cコネクタが24ピンという多くの信号線をサポートしていることが挙げられる。加えて、CC(Configuration Channel)が用意されているので、これを使ってモードを切り替えることができる。

VESAでは、各種の認証制度以外にも、「VESA PlugTest」というVESA会員向けのイベントを年3回実施。VESAに加盟する会社が機器を持ち寄って、相互運用性の確認ができるというものだ。

●数百通りのテスト

○すべての信号速度と電圧の組み合わせで、数百通りのテストを行う

DisplayPort認証試験機関の一つであるグラナイトリバーラボ・ジャパン(以下、GRL)のエンジニアリング・マネージャ、永田学氏は、DisplayPort Alt Mode on USB Type-Cテストについて説明した。

DisplayPort Alt Mode on USB Type-Cテストは、DisplayPortに関するテストだけでなく、USBに対するテストも行う必要がある。特に、USB(5Gbps)+DisplayPort(2Link)の組み合わせもあるので、2つの信号の影響をチェックするクロストークテストも含まれる。

また、DisplayPortでは、RBR/HBR/HBR2/HBR3という4種類のデータレートと複数の信号電圧をサポートするため、テストの組み合わせは数百にもおよぶ。

このためGRLでは、デジタルオシロスコープにソフトウェアとUSB接続の制御回路を加えることによって、「エンジニアがセットアップ、実行してから帰宅すれば、翌朝に出社した時にはテストが完了する」ソリューションを提供する。

●USB Type-C関係の質問が集中

質疑応答では、USB Type-C関係の質問が集中。

「USB Type-Cケーブル」と一言でいっても、多くの種類が販売されている。DisplayPort Alt Modeで使うためには、どのようなケーブルを選択すればよいのだろうか。

これには、USB Power Deliveryの認証が取れたケーブルならば問題がないと回答。

また、機器の小型化が進む中で、従来のDisplayPortやMini DisplayPortはどうなるのかという質問には、小型機器ではUSB Type-C Alt Modeの採用が進むだろうが、互換性もあるので従来のコネクタも早々にはなくならないと回答していた。