普通の恋じゃダメ!不毛な恋を繰り返す”不倫依存症の女”あるある5つ

写真拡大

【相談者:30代女性】

大学時代からの友人について相談させてください。
彼女とは卒業後も仲が良く、信頼できる友人のひとりでもあります。
ただ、なぜかいつも既婚者しか好きにならない子なのです。

私も最初は彼女の不倫をやめさせようとあれこれ努力してきました。
でも、何をしてもむだなのです。別れたところで次も既婚者と付き合うんですから。

彼女のことは大好きですが、恋愛観に関してだけはまったく共感できません。
一体、私はどうすれば良いでしょうか。
彼女の考えを知り、一刻も早く普通の恋愛をさせてあげたいです。アドバイスお願いします。

●彼女たちは不倫により自分の存在価値を確かめようとしているのです。

ご質問ありがとうございます。
コラムニストのLISAです。

不倫をする女性には大きく分けて2つのタイプが存在します。
ひとつは好きになった相手がたまたま既婚者で、気持ちを押さえられずそのまま不倫に走ってしまうタイプ。
そしてもうひとつは不倫という関係自体にハマり、別れてはまた新たな既婚者との恋愛を繰り返すタイプです。

後者の不倫を繰り返すタイプの女性は相手ではなく不倫関係自体に依存している ため、そう簡単にやめさせることはできません。
相談者様のようにいくら周りが助言しても、彼女たちは聞く耳をもたないでしょう。

そもそも、なぜ彼女たちは独身男性との恋愛に興味を持たず、既婚者との不倫を繰り返してしまうのでしょうか。
今回は実際に不倫経験のある女性や、友人の不倫を間近で見てきた女性たちからお話を伺ってきました。

●(1)モテ街道まっしぐらの人生を歩んできた

『同じお店で働いている子の中では、決まって人気のある子たちが毎回不倫している。モテる子ほど普通の男には興味持たず、既婚者のように手に入らない男を好きになっちゃうんだよね』(25歳/ホステス)

常にモテ街道まっしぐらの人生を歩んできた女性は、男性から口説かれることに慣れています。
周りにいる男性からチヤホヤされることで、無意識のうちに女としての自信やプライドだって身についているでしょう。

ただ、いくらモテる女性であれ、相手が既婚者である場合はそう簡単にいきません。
同時にそのハードルの高さが彼女たちのプライドに火をつけ、不倫にハマるきっかけをつくっていたのです。
モテる女性にとって既婚者の男性は、簡単に手に入らないからこそ夢中になる存在 なのかもしれません。

●(2)事あるごとに不幸な身の上話を語る

『何度も不倫する子って自分から不幸アピールをする傾向があると思うんです。「幼い頃苦労した」「何をやってもうまくいかない」とか。不幸話をすることで周りからの同情を買い、構ってもらいたいんでしょうね。多分不倫を繰り返すのも「決して結ばれない関係」という不幸に浸って注目を浴びたいだけだと思う』(31歳/主婦)

事あるごとに不幸な身の上話を語っては、周りからの同情や好感を得ようとする女性たち。
そんな俗にいう悲劇のヒロインを気取る女性は、 周りから注目されていないと気が済まない“かまってちゃん”でもあります。

そんな彼女たちにとって、不倫は周りからの注目を一気に集められる格好のネタ。
「結ばれなくてかわいそう」と同情されたり、「不倫なんてやめなよ」と反対されたりすることで、自分に注目が集まっていると勘違い してしまうのです。

それが不倫を繰り返す原因になっているのではないでしょうか。

●(3)失恋ソングや感動系ポエムに深く共感する

『以前、不倫を繰り返している友達とカラオケに行ったんですけど、彼女の選曲がすべて重い失恋ソングばかりでドン引きしました。ああ、この子は叶わない恋をしている自分に酔いたいから不倫を続けているだなって』(21歳/大学生)