SUPER JUNIOR-M ヘンリー、子供たちのヒーローに変身“僕がなるべき”

写真拡大

UntouchableのSleepyとSUPER JUNIOR-Mのヘンリー、コ・ヨンベが子供たちのヒーロー、“ハンダマン”(ハンダは韓国語で“する”という意味) に挑戦した。

18日に韓国で放送されたMBC「セモバン:世界のすべての放送」でSleepy、ヘンリー、コ・ヨンベは「ハンダマン」の収録に参加した。

「セモバン」とタッグを組んだ新しい番組は子供たちのヒーロー「ハンダマン」だ。ヘンリーは「子供たちはみんなハンダマンについて知ってそうだ」というパク・ミョンスの言葉に「僕がハンダマンの服を着ていたが、子供たちはみんな知っていた。“ハンダマンだ”と話していた」と、その有名さを伝えた。

それではヘンリーはどうやってハンダマンになったのだろうか。ハンダマン役に意欲を見せたヘンリーはコ・ヨンベについて「目が純粋ではない。腐っている」とし、Sleepyについて「背が高すぎてダメ」と自分がハンダマンになるべき理由をアピールした。

その結果、ヘンリーは本物のハンダマンの選択を受け、一日ハンダマンに扮した。