放送作品が変更になった『バトルシップ』
 - Universal Studios / Photofest / ゲッティ イメージズ

写真拡大

 日本テレビ系「金曜ロードSHOW!」(毎週金曜・21時〜)で今月23日に放送予定だった映画『バトルシップ』が『ダーク・シャドウ』に変更になったことが明らかになった。

 『バトルシップ』はハワイでの軍事演習中に謎のエイリアンの襲撃に遭遇したアメリカ海軍や日本の自衛艦が、協力して地球存亡の危機に立ち向かう2012年公開のSFアクション。 テイラー・キッチュ、リーアム・ニーソン、リアーナのほか、日本から浅野忠信が出演した。17日にアメリカ海軍のイージス駆逐艦フィッツジェラルドとコンテナ船の衝突事故が起きており、変更について同局では「時期としてふさわしくないと判断した」としている。

 地上波放送ではインターネット上で大きな盛り上がりをみせる作品でもあり、現在は変更にショックを受けたファンの声がTwitterに数多く投稿されている。代わって放送される『ダーク・シャドウ』はジョニー・デップが吸血鬼を演じ、ティム・バートンが監督したダークファンタジー。(編集部・入倉功一)