画像

写真拡大 (全2枚)

 シャノンとSCSKサービスウェアは、6月19日より、BtoBマーケティングソリューションの提供において、協業を開始した。

 シャノンは、6月19日より、同社が提供する「SHANON MARKETING PLATFORM」(シャノン・マーケティング・プラットフォーム:以下、SMP)の代理販売を含むBtoBマーケティングソリューションの提供において、SCSKサービスウェアとの協業を開始した。

 SMPは、マーケティングの統合データ管理・活用を実現するクラウドアプリケーション。マーケティング業務全般の一元的な実施、管理を行う。行動履歴や属性を横断したリードの検索・抽出や、スコアリング機能によるリード評価の品質向上、データを可視化する標準ダッシュボードを搭載。企業単位でのデータ管理や成果の予実分析などの高度なデータ分析を実現し、営業サイドと連動した企業のマーケティング支援を可能にする。

 今回の協業では、シャノンが提供するSMPと、SCSKサービスウェアのコンタクトセンター運用やコミュニケーションノウハウを活かしたBPOサービスを統合。これにより、BtoBマーケティングのコンサルティングから、SMPの導入・運用、デジタルコンテンツの制作など、企業の課題解決と継続運用がワンストップでの提供が可能になる。

MarkeZine編集部[著]