Image: © Nintendo via Nintendo/YouTube


しかもキャッピーは無敵!

『マリオ』シリーズ最新作となるNintendo Switch(ニンテンドースイッチ)用『スーパーマリオ オデッセイ』は、マリオがかぶる帽子のキャッピーなしではゲームを進めることができません。ブーメランのように投げてコインを獲ったり敵をやっつけたり、いろんなものに被せてマリオが乗り移ったりと使い方は多岐に渡ります。

そんなキャッピーですが、実は他にも使い方がありました。ニンテンドースイッチと言えば、予めコントローラーがふたつ付いていますよね。なのでこれを『スーパーマリオ オデッセイ』に活用しな手はない!ということでキャッピーを操るプレイヤーとふたり同時プレイができるのです。


Nintendoが公開したデモプレイで、その楽しさをチェックしてみてください。


Video: Nintendo/YouTube


元々マリオの帽子を使おうというアイディアから、自然と個性を持ったキャッピーが生まれたのは、やはりニンテンドースイッチにふたつのコントローラーがついているからこそ。

ふたり目が参加すると、キャッピーは常にマリオの上を浮いている状態になるようですね。移動と飛行だけでなく、周りを見渡すという操作方法が出ています。

無敵キャラのキャッピーは独立して動き回れるので、アイテムゲットも敵をやっつけるのも自由自在。シングルプレイでは種を持ったらキャッピーを飛ばせなかったのに、ふたりプレイだとそんなのもお構いなしです。キャッピーを空中で足場にし、普通であれば難易度の高い場所にも行けるのも同時プレイだからこそ。

開発秘話として、本作は"遊び"をたくさん試作し、それらを集めて作っているそうです。たとえばTレックスが採用されたのはテーマである「驚き」を演出するため、『スーパーマリオワールド』の恐竜ランドを踏襲したとのこと。

そして13:50〜からプレイされる「スチームガーデン」の空にグリッドが入りドーム状になっているのは、ここがクッパが誘拐したピーチとの結婚式で使う花を育てている巨大な温室だから。他の国にも同じく、式で使う何かの原産地になっているそうです。各国に何があるのかも探してみたいですね。

水や砂などの表現にもこだわり、マリオの服が濡れたり汚れたりする描写にも注目です。ニンテンドースイッチが持つ「いつでも、どこでも、誰とでも」のコンセプトに合わせて作られた『スーパーマリオ オデッセイ』は、2017年冬に発売予定です。

・ニンテンドースイッチ最新作のデモプレイ映像集。マリオ、ゼノブレイド2、ファイアーエムブレム無双など
・ニンテンドースイッチ最新作のデモプレイ映像集その2。マリオ、スプラトゥーン2 、ヨッシー、ポッ拳DX

Image: © Nintendo via YouTube
source: YouTube

(岡本玄介)