入団から4か月、いまやテネリフェの中盤に欠かせない存在となった柴崎。プレー決勝での奮起に期待だ。(C)Getty Images

写真拡大

 柴崎岳への称賛が止まらない。
 
 リーガ・エスパニョーラ2部の昇格プレーオフ準決勝(第2レグ)で、値千金のゴールを決め、テネリフェを決勝へと導いた“GAKU”。選手、監督、地元メディアがそのパフォーマンスに賛辞を贈った。ご当地メディアの『deporpress.com』が伝えている。
【柴崎岳PHOTO】テネリフェでのプレー&オフショットを厳選!
 
 まずは、右サイドからの鋭い仕掛け&クロスで柴崎のゴールを引き出したMFスソの熱いメッセージだ。
 
「あんなにスタジアムが盛り上がっていたのに、ゴールを決めてもガクはあんまり喜んでなかったね(笑)。いかにもクールな彼らしいよ。ゲームに集中しているんだ。入団してまもなくは辛い日々を過ごしたと思うけど、周囲の期待にしっかり応えていった素晴らしい選手だ。調子がすごくいいみたいだし、僕とのコンビネーションもしっくりいっている。だから今日の試合をすごく楽しみにしていたし、待ち遠しかった。(第1レグから)攻撃陣のエンジンはかなり温まっていたからね」
 
 指揮官のホセ・ルイス・マルティのインプレッションは?
 
「ゴールはみんなの努力で奪ったものだが、あそこにいるのがまさにガクなんだ。うまく呼び込んだと言ってもいいだろうね。今日も普段通りの自然体を貫いて、決してナーバスにならず、素晴らしいパフォーマンスを見せてくれたよ」
 
 さらに、地元メディアの『eldorsal.com』はそのカディス戦の採点・寸評を開示。地元チームの健闘を大いに称えつつ、最高点の9(10点満点)を付けたのが好守連発のダニ・エルナンデスと柴崎だった。エモーショナルな寸評付きである。
 
「日出ずる国からやってきた男が、チームに光をもたらした。大事な一戦でヒーローとなったのだ。重圧など微塵も感じさせず、常にチームを活性化させた。まるで“博士”のようなプレーぶりだった」
 
 注目のプレーオフ決勝は第1レグが6月21日、第2レグは同24日に開催。相手はヘタフェに決まっている。