福島県田村市のリサイクルセンターで、不燃ごみの袋から現金約1000万円が見つかったことが19日、市などへの取材で分かった。センターの作業員2人が現金を自宅に持ち帰り、県警田村署は2人を窃盗容疑で書類送検する方針。

 市や同署などによると、センターの業務を委託している協業組合「たむら環境センター」(同市)の作業員3人が2月27日、資源ごみと不燃ごみの分別作業中、不燃ごみの袋に入ったバッグなどから現金を見つけた。帯封が付いているものと、付いていないものがあったという。

 持ち帰った2人のうち1人が翌日、現金の一部を組合に届け出た。組合から連絡を受けた市が同署に通報した。同署は2人から事情を聴き、約1000万円を回収した。

 同署によると、現金の持ち主から申し出はないという。