@AUTOCAR

写真拡大

■どんなクルマ?

敢えて「P100D」ではなく「100D」

クルマの購入者に、なぜEVを買わないか尋ねると、バッテリーの残量の心配が一番の理由になることは多い。

運転中のバッテリー切れは、クルマを運転する者にとって悪夢である。

現在イギリスには4400のチャージングステーションがあるけれど、ガソリンスタンドの数がその倍以上存在することも、精神的な安心感を与えるのだろう。

EVのインフラを整えるには、まだまだ多くの仕事が残されているということである。

となれば、あなたに必要なのは、何百キロも充電なしに走破できるEVであろう。

テスラは、この点に関して、モデルSのP100Dが航続走行距離632kmを誇ることで応えている。

しかし、£131,800(1,846万円)は法外に高価であり、これは、ポルシェ・パナメーラ・ターボやメルセデス-AMG S63クーペを視野に入れる価格帯である。

P100Dは、0-100km/hを驚愕の2.4秒で駆け抜けるが、スピード(や価格)を諦めても、航続走行距離を伸ばしたいと思うひともいるはずだ。

そんな向きには、100Dを紹介したい。

航続走行距離632kmは、購入することができるEVのなかでも最長であり、£90,000(1,262万円)の価格は、P100Dよりもかなりお得である。

■どんな感じ?

知的なスリル

メーカーが標榜する632kmの航続走行距離は、現実的でないが、515kmの航続走行距離なら余裕でこなすことができるだろう。もし、右足をしっかりと躾けた走りができるのであれば。

515kmは十分な距離である。ロンドンからバーミンガムへ行って帰ってくるだけの余裕があるし、サンダーランドまでなら充電をすることもなく走破できる。

しかも、テスラの賢いインフォテインメントシステムのお陰で、ナビにより目的地まで近くにあるチャージングステーションを確認することができる。

数字の上では、P100Dの0-100km/h加速よりも2.0秒も遅いというのに、100Dはそれでも速く感じる。

ラウンドアバウトやコーナーの出口でアクセルを踏み込めば、瞬間に立ち上がる加速はスリリングである。そして、追い越しに苦労することは」皆無だ。

ただ、気になるところもある。

積極性と質感を期待

BMWやメルセデス・ベンツのようなスポーツサルーンから感じられる、運転への積極的な関与は乏しい。しかし、モデルSを運転していて不安定を感じることはない。ライバル達よりもゴツゴツとした乗り心地ではあるが。

インテリアは見慣れた風景である。より多くの光を車内に取り入れる、新しいパノラミックルーフ以外に目新しい点はない。

いっぽうで、慣れるのに少し時間を有するが、美しくデザインされ、豊富な機能を提供するテスラの誇る17.0インチのインフォテインメントは健在だ。

しかし、残念だったのは、明るさを調整しても、夜間使用時に眩し過ぎることだ。インテリアの質感も同クラスのライバルと比べて若干劣る。

■「買い」か?

いいところ、わるいところ、どちらを取るか

今思い切ってEVを選ぶことにおいて、一番の障壁が航続走行距離であれば、このモデルSは、発売中のいかなるEVよりも多くの距離を走ることができるのだから、バッテリーの残量を気にする頻度は減るだろう。

アクセルを思うままに踏んだとしても、失われる距離はたいしたことはない。満タンを要するのなら、テスラのスーパーチャージャーネットワークや、小規模なデスティネーションチャージャー、そして自宅に備え付けられたチャージングポイントがカバーする。

しかし、それでも、£90,000(1,262万円)である。

モデルSには、この価格帯のクルマが持つべきラグジュアリー感に欠ける。特別な気分にさせてくれることは疑うまでもないのだが、競合となる同クラスのライバルが持ち合わせているラグジュアリーな質感に劣るのだ。

テスラ・モデルS 100D

■価格 £90,000(1,262万円) 
■全長×全幅×全高 NA 
■最高速度 250km/h 
■0-100km/h加速 4.2秒 
■航続走行距離 632km 
■CO2排出量 NA 
■乾燥重量 2107kg 
■エンジン モーター 
■最高出力 376ps 
■最大トルク 44.9kg-m 
■ギアボックス シングルスピード