画像提供:マイナビニュース

写真拡大

サードウェーブデジノスはこのほど、アジア最大級をうたうeSports大会「eXTREMESLAND ZOWIE ASIA CS:GO 2017」日本予選を運営すると発表した。7月からエントリーの受付を開始し、8月のオンライン予選を経て、9月のオフライン決勝大会で日本代表を決定。10月に開催するアジア決勝大会に選手を送るという。

「eXTREAMSLAND ZOWIE ASIA」は、BenQのゲーミングブランド「ZOWIE」が主催するeスポーツ大会で、今回で3回目を迎える。「eXTREMESLAND ZOWIE ASIA CS:GO 2017」では、FPS「Counter-Strike: Global Offensive」にて行われる。アジア14地域から16チームを選出し、賞金総額10万ドルをかけて競う。

大会の具体的な日程や応募要項、参加資格といった詳細は、大会公式サイトにて後日発表するほか、サードウェーブデジノスのゲーミングPCブランド「GALLERIA」の公式Twitterアカウントでも告知するという。