未婚女性の〇〇%は彼氏ナシ!? 恋愛がめんどくさい理由とその対処方法

写真拡大

恋愛をめんどくさいと感じる若者が増えている!? 出生動向基本調査(2015年実施)によると、異性の交際相手を持たない未婚の女性は59.1%。

恋愛に興味はあるけどイマイチ積極的になれない…そんな気持ちがあるのか恋愛から遠ざかっている人も少なくありません。

そもそもなぜ「めんどくさい」と感じるのか?本当にそのままでいいと思っているの?恋愛がめんどくさい女性に向けて、原因と対処法をお届けします!

■なぜめんどくさいと感じるのか


「めんどくさい」の理由は人それぞれ。具体例をいくつか挙げてみるので、当てはまるかチェックしてみましょう。

・友達との時間が楽しい
・趣味の時間が充実している
・ひとりのほうが気楽
・こまめな連絡がだるい
・恋愛中の駆け引きが苦手
・束縛がイヤ
・デートは気配りで疲れる
・デートの出費がもったいない
・アイドルやアニメへの愛で満足している
・自分に自信がない

あなたはいくつ当てはまりましたか?
様々な原因から恋愛に積極的になれない人がいることでしょう。恋愛以外に夢中になれるものがあれば、それで満足。恋愛自体にポジティブなイメージを持っていないなど、何かしらの要因があるのでは?

■本当にそのままでいいの?


恋愛なんて必要ない!そう思っていても、いつかは悔やむ日が来るかも?経験者のエピソードから、後悔するパターンを見ていきます。

・「まわりの女友達はみんなフリー。恋愛に積極的な雰囲気は感じられなかったのに、気づけば私以外全員彼氏持ち。遊び相手がいなくなって孤独を感じました」(28歳/情報機器メーカー)

・「30代ならまだいける、と思い込んでいるうちにアラフォーに突入。さすがに適齢期になれば結婚はしたいなと考えていたのに、それ以前に恋愛すらしていないことに焦り始めました」(36歳/システムエンジニア)

・「彼氏持ちの友人が恋愛トークで盛り上がってるのを見ると、会話に加われない寂しさとうらやましさを感じます。恋愛するのはめんどうだけど、彼氏は欲しいっていう気持ちはある自分に気づきました」(28歳/アパレル)

ある日突然、周囲との違いや温度差に愕然となることもあります。焦りを感じたときこそチャンス!恋愛に積極的になるいい機会だと思って、自分と向き合ってみてはいかがですか?

■「めんどくさい」から脱却したい人へ


状況を変えたい人は以下の方法を試してみて!今までとは違う世界が見えてくるかもしれません。

【1】異性の友達を増やす


異性の友達を増やせば自然と人脈が広がります。いろいろな人との関わりの中で、それぞれの恋愛観や意見を聞いてみること。恋愛に対するイメージや考え方を変えたり、新たな情報を得て知識を増やしたりするための対処法です。

【2】出会いの場に身を置く


合コンや飲み会に積極的に参加してみて。恋愛を意識している人と関わる機会を増やせば、考え方が変わるかもしれません。もちろん、新たな出会いを期待できます!恋をするなら、まず出会いから!ということで、前向きに出会いの場を求めて異性と関わっていきましょう。

【3】「恋愛がめんどくさい」仲間を探す


恋愛中の友達に囲まれて寂しさを感じるものの、恋愛はやっぱり…という女性は、同じ考えを持つ仲間を増やすのもひとつの手です。似たような考えの異性であれば、共通の趣味を楽しんでいるうちに、案外気兼ねなく恋愛に発展する可能性もありますよ。

【4】本気になれる恋愛を探す


本気になれる恋愛を経験していないと、恋愛にめんどくささを感じやすくなるようです。真剣に向き合えるような「好きな人」との出会いが、脱却の対処法になる場合も。人を好きになるためには、自分を好きになる必要があると言われているので、まずは自身の良い点を探して、自分を好きになることをおすすめします。

■自分の気持ちと向き合ってみて


恋愛を「めんどくさい」と感じる人は、自分の気持ちと向き合うことから始めてみましょう。恋愛したい気持ちが少しでもあるなら、原因を探すだけでも前向きな気持ちが芽生えてくるかもしれませんよ。

ライタープロフィール


メロン
一児の母として、育児、家事、仕事に奮闘中のママライター。
独身時代のほろ苦い恋愛経験や、結婚生活の経験を活かして、ハッピーな毎日を送るためのヒントが得られるような記事を配信していきます。