「代表は選ばれるか選ばれないか、ですから。全然受け身でした」と鈴木氏は言う。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大 (全4枚)

<<前編はこちら>>
 
岩政 鈴木さんのディフェンスは一級品でしたよね。私が初めて日本代表に入った時、紅白戦や練習のなかで、鈴木さんの見えてる範囲の広さを実感したんです。「後ろに相手選手が来るよ」って指示を出すと、抜群に反応が早かった。後ろも見えてたんだと思うのですが?
 
鈴木 ディフェンスの時ですよね。それはあるかもしれません。まあ、オフェンスの時は、後ろなんてまったく見えてませんが(笑)。
 
岩政 そうそう。ディフェンスの時です(笑)。それはどうやって身に付けたんですか? プロの選手でも、後ろのスペースが見えているボランチって本当に少ない。それこそ鹿島でも本田(泰人)さんくらいでしたし、代表でもあまりいないんだなと感じました。
 
鈴木 阿部(勇樹)とかハセ(長谷部誠)も見えるタイプだと思いますが、確かにそれは自分の特長だったのかもしれません。見ていなかったとしても、この辺に入ってきたら嫌だな、という感覚はあった。あとは後ろの選手が良いタイミングでコーチングしてくれるのがすごく大事。そういう指示が出せるセンターバックは少ないかもしれないですね。
 
岩政 ボランチときっちり連係が取れる選手ですよね。
 
鈴木 僕の後ろにくさびを入れられるなと思っていても、別のパスコースを消しておいたほうが良い場面はある。そこでセンターバックが、くさびのパスをケアしてくれてるだろうなと思っていても、来てない時があったりする。特に代表だと時間がないから、呼吸が合う選手じゃないと難しいですね。
 
岩政 代表に関してはどういう考え方でしたか? 私は代表に入りたい気持ちはもちろんありましたが、極端に言えばクラブでずっとプレーできればいいかな、くらいの割り切りも多少は……。鈴木さんはどういうスタンスでした?
 
鈴木 あんまり考えていませんでした。クラブにはずっと居たいと思っていたけど、代表は選ばれるか選ばれないか、ですから。全然受け身でした。当然、選ばれたいし、試合にも出たいと思っていましたけどね。
岩政 代表のためにプレーする、みたいな感覚はなかったってことですね?
 
鈴木 さっきのスケジュールの話と一緒なんですが、その場に行ったら自分のすべてをかけるスタンス。代表の時はクラブのことはほとんど考えません。自分はその場所に100パーセントを注いでいました。
 
岩政 鈴木さんは常にフラットですよね。どこにいてもスタンスが変わらない。選手時代は、若手にも積極的に関わっていた印象ですが、どういう先輩でいようと思っていましたか?
 
鈴木 ちょっと病気をして体調を崩してからパフォーマンスが上がらなくて、その時に自分のことに集中するのを少しやめたんです。2011年くらいかな。その前までは、年下よりも上のひとと一緒にいたんですが、若い選手を見ているうちに「こいつら上手いな」と思ったり、相談があればアドバイスしたり、一緒にご飯に行ったりするようになっていきました。
 
岩政 キャリアの途中で考え方が変わったと?
 
鈴木 ただ、その時に自分自身に違和感も覚えました。前だったら、若手だろうが何だろうが、すべて俺のライバルだと思っていました。そう考えなくなった時に、俺はサッカー選手として終わりが近づいているのかなと。
 でも、そこでミシャ(ペトロヴィッチ監督)がレッズに来て、改めてサッカーの楽しさを教えられたんです。「お前はサッカーを楽しんでいない」と言われた時は、自分のなかの違和感を見透かされたようでした。ただ、「大丈夫、今からが一番上手くなるから」とも言われて、そこから再びサッカーを楽しめるようになったし、実際に一番上手くなったと感じましたね。
 
岩政 確かに。そこから、いろんなプレーをするようになりましたよね(笑)。
 
鈴木 前を向くようになったり、ターンするようになったでしょ(笑)。ターニングポイントみたいなものは、ないんですか?
 
岩政 私は鹿島で3連覇して、出場はしてないけど代表でもワールドカップに行った。そのあたりから、何か違うことがしたくなりました。代表を目指すとか、優勝を目指すとかではない場所に行きたいなと。ちょっと勝負みたいなものに疲れたのかもしれません。
岩政 後輩にアドバイスするのは好きだったし、そういうのをやるのも自分らしいと思っていました。といっても、彼らとポジションを取ったり取られたりするのを、なにか違うなと思い始めて、そこで鹿島を出るべきだと思いました。2010年か11年。30歳になる手前くらいでしたね。
 それに、私のふたつ上にゴールデンエイジがいたから、自分の立場はいつになっても変わらなかった。やりたいことを100パーセントできない部分もあったので、今と違うことをするなら移籍しかないなと。実はね。そろそろ言ってもいいですよね。
 
鈴木 僕も一度チームを離れようと思ったのは、30歳くらいでした。というか、自分の中でのカレンダーは2010年までだったので、サッカーをやめようと思っていたんです。
ワールドカップに行けなかったし、所属クラブの監督の問題もあって、自分がキャプテンをしていたのにチームがぐちゃぐちゃになった。サッカーをするのがつらい時期があって……。
 だから、あと1年はレッズでプレーし、それから引退するか、もしくは海外のクラブに行こうかと考えていました。でも、そのシーズンに残留争いに巻き込まれるんです。やっぱり成績が悪いまま終われなくて、もう一回、心の炎に火が付いた。そのタイミングでミシャが来ました。
 
岩政 海外クラブを視察に行ったという記事もありましたね。
 
鈴木 そうそう。実際に見に行きましたよ。でも、レッズに残って本当に良かったと思っています。ミシャと一緒にタイトルは獲れなかったけど、本当に学ぶことが多かったから。
 
岩政 つらくなったというのは、何に対するつらさでしたか?
 
鈴木 責任感、ですね。ロビー(ポンテ)とかワシントンとか闘莉王とか、すごい選手たちがクラブを去って、自分がそれを受け継いだんです。変な話、こんなにお金もらっているのに、こんなプレーしかできない自分に対する不甲斐なさというか、そういうのが嫌になってしまった。精神的にこれは良くないなと。今振り返ると、「そんなの気にすんなよ」と思いまけどね。
岩政 まあ、そうですよね。そういう時は視野がどうしても狭くなる。そこでペトロヴィッチ監督と出会うわけですが、彼はなにが素晴らしいんでしょう?
 
鈴木 やっぱり人と人とのつながりですね。信頼関係のある人と一緒に仕事ができる喜びってありますよね? ミシャは、それを毎日積み重ねる。毎朝、必ず握手して、ハグして、「コンディションどうだ? 家族はどうだ? 娘の様子は?」と毎日聞く。「変わってないよ」と言った次の日にも(笑)。その温かい人から「チャレンジしてみなさい」と言われるとやる気になりますよ。
 それに、ミシャはチャレンジしたミスについてはまったく責めませんでした。「見えていてパスが上手くできなかった場合は、技術の問題だから練習すれば解決する」とね。キックミスをしても、「ブラボー! そこが見えているなら大丈夫だ、ケイタ。あとはお前の技術だ」と。もう一回チャレンジしようと思いますよ。
 
岩政 なるほど。指導者として勉強になりますね。
 
鈴木 本当に勉強になりました。僕も今、明治の選手たちに話をするのは、そういうところなんです。
 
<<後編に続く>>
 
【プロフィール】
鈴木啓太(すずき・けいた)1981年7月8日、静岡県出身。J1通算379試合・10得点。日本代表27試合・0得点/浦和ひと筋で15年間プレーし、2006年のJ1制覇、2007年のACL優勝など、数々のタイトル獲得に貢献。2006年、2007年にはJリーグベストイレブンに選ばれた。15年シーズンを最後に現役引退。現在はAuB株式会社の代表取締役や明治大アドバイザー、サッカー解説者など多岐に渡って活躍している。

岩政大樹(いわまさ・だいき)/1982年1月30日、山口県出身。J1通算290試合・35得点。J2通算82試合・10得点。日本代表8試合・0得点/鹿島で不動のCBとして活躍し、2007年からJ1リーグ3連覇を達成。日本代表にも選出され、2010年の南アフリカW杯メンバーに選出された。2014年にはタイのBECテロ・サーサナに新天地を求め、翌2015年にはJ2岡山入り。岡山では2016年のプレーオフ決勝に導いた。今季から在籍する東京ユナイテッドFCでは、選手兼コーチを務める。