ブルース・スプリングスティーン、ブロードウェイの小劇場で長期公演計画

写真拡大

ブルース・スプリングスティーンはこの秋、NYブロードウェイの小規模な劇場で長期公演の開催を計画しているようだ。

◆ブルース・スプリングスティーン画像

『New York Post』紙によると、アリーナやスタジアムでの公演が当たり前の彼が、975席しかないWalter Kerr劇場で8週間に渡りパフォーマンスする予定だという。関係者は同紙に、「彼は小規模な場所でプレイしたいと考えている。より一体感のあることをやりたがっており、ブロードウェイでというアイディアも気に入っている」と話したそうだ。

日程はまだ決まっていないが、11月にスタートするらしいとのこと。スプリングスティーンは週5日プレイするようだ。

また、これとは別にブロードウェイ界隈では、スプリングスティーンの自伝『Born To Run』をもとにしたミュージカルの制作も検討されているそうだ。

現時点で、両プロジェクトに関してスプリングスティーン側からコメントはなされていない。1,000人未満の劇場での公演はファンにとってはかなり魅力的で、実現を望む声は大きい。

Ako Suzuki