ドラマ「最高の一発」側、ユンソナの息子の校内暴力議論についてコメント“慎重に見守る”

写真拡大

KBS 2TVドラマ「最高の一発」側が、ユンソナ議論に関してコメントした。

KBS 2TV「最高の一発」側は、ユンソナの議論について「幼い子供たちが関連しているため、皆が慎重な状況です。学校の調査がまだ終わっておらず、ユンソナさん本人も深く反省しているため、まずドラマに集中し、慎重に推移を見守ります」とかした。

これに先立ち16日、「SBSニュース」ではソウル私立小学校の修練会で起きた暴力事件を報道した。ニュースの中の事件には、財閥の会長の孫、芸能人の息子が加害者に含まれていると取り上げられた。放送後、この芸能人がユンソナであるという推測がされ、ユンソナは所属事務所を通してコメントした。

彼女は謝罪文を公開し、この事件は集団暴力ではなく、友達とイタズラをしていた状況だったと釈明した。また、野球バットで暴行を加えたというのは、「発泡スチロールに包まれたプラスチックのバット」と説明し、「バナナ牛乳のようなボトルのボディウォッシュを無理やり飲ませた」という部分については、「被害者の子が、他の子供たちと一緒に確認する過程で少し味見をしてすぐ口から出した」と説明した。

しかし、このようなユンソナの謝罪が伝わると、議論はむしろ大きくなった。ユンソナの真心が伝わらなかったというのだ。大衆の批難が強くなると、ユンソナは再び謝罪をした。彼女は「怪我をした子供とご家族、そして学校と皆さんに深くお詫びします」と明かした。

また「今回のことを処理する上で、私たち家族の悔しさを先に考えてしまった部分についてもお詫びします。初期対処に弁明で一貫してしまった私自身についても深く反省しています。私の未熟な対処によって新たな被害が発生しないことを願い、進行中の今回の事案についても誠実に調査に取り組みます」と重ねて謝罪した。

ユンソナはKBS 2TV金土ドラマ「最高の一発」でホン・ボヒ役で出演している。