@AUTOCAR

写真拡大 (全2枚)

コペン、誕生から15年 「モノ」と「コト」の事業推進

ダイハツは、2002年/2014年の6月19日に発売したコペンの誕生15周年(フルモデルチェンジ3周年)を機に、「LOVE LOCAL by DAIHATSU」という新たな取り組みを発表した。

取り組みの一貫で、星空観賞をメインとしたイベントを、10月14日(土)に岡山県井原市美星町で開催することを、本日コペン専用サイト(https://copen.jp)で発表した。

ダイハツは、2017年3月に刷新したグループスローガン「Light you up」のもと、「モノづくり」と「コトづくり」の両輪で事業を推進し、ダイハツブランドを進化させると宣言しているのだ。

星空イベント、いったいどんなものなのだろう?

星空観賞イベントでファン同士の交流を

星空観賞イベントは、カスタマーや地域のひととの接点拡大に重点を置いた「コトづくり」活動の一環であり、2014年に長野県阿智村でコペン100台を対象に開催した星空鑑賞イベント「PANORAMA DRIVE with ACHIMURA」をさらに進化させ、200台を対象に満点の星空の下、コペンファン同士の交流と一体感を高めるもの。

応募開始ならびにイベントの詳細は、7月7日(金)に同サイト内での発表を予定している。

これまでダイハツは「LOVE LOCAL by COPEN」をテーマに掲げ、地域密着を軸にコペンを通じてダイハツファンを増やす活動を実施している。

「今後もダイハツは、コペンに限らず、すべてのダイハツ車にお乗りのお客様を対象に、地域に密着したファン交流イベントを積極的に実施していきます」とダイハツはコメントしている。