2位タイに入った松山英樹を称賛した青木功(撮影:岩本芳弘)

写真拡大

<全米オープン 最終日◇17日◇エリンヒルズ(7,741ヤード・パー72)>
テレビのレポーターとして会場に来て、松山英樹のプレーを4日間見守った青木功JGTO会長が報道陣の取材に応えた。
松山英樹、あと一歩…激闘をフォトギャラリーで振り返る
ブルックス・ケプカに4打差をつけられたが、自身と同じくメジャーで2位に入った松山のプレーを「いいゴルフをしたね。やっぱり、15番でボギーでいって、16番ですぐ獲れたのがけっこう良い結果になったね。今まで以上にゴルフが大きくなったよ」と評価。また、この日は強風の中でスコアを伸ばしたことについて「今度はイギリスに行っても対応できるんじゃないの?」と次のメジャーでの活躍も期待できると話した。
37年前、自身はこの大会で“帝王”ジャック・ニクラスと争い単独2位に。古い話だが、「俺もやったんだなという感じはする。これが松山に継承されていくのかな。松山が継いでいってくれたらいい」と今後にさらなる期待を寄せていた。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

全米オープンの最終結果
松山英樹の1打速報で猛追の大会最終日を振り返る
海外メディアも松山英樹に注目、怒り狂う同伴競技者の質問も…
松山英樹、猛追届かずも…自身メジャー最高2位タイ!ブルックス・ケプカが初のメジャー制覇
全米オープンで猛追する松山英樹のアイアンとウェッジを考察