YG、G-DRAGONのUSBアルバムに対するGAONチャートの意見にコメント「古典的で時代に合わない方法、残念だ」

写真拡大

GAONチャートがBIGBANGのG-DRAGONのUSBアルバムを、アルバムとして認定しないと明らかにした中、YGは「重要なのは音楽」という立場を明らかにした。

YG ENTERTAINMENTは本日(19日)、OSENに「YGはGAONチャートの意見を尊重します。しかし、G-DRAGONの意見通り重要なのは音楽だと思っており、音楽を納める方法を古典的な形に閉じ込めることと、時代に合わない集計方法は残念です」と立場を明かした。

特に「世の中はあまりにも急速に変化しており、ITと技術発展のスピードは世の中よりもっと速く変化しています。もう手に入れることさえ難しいカセットテープとCDだけで、アルバム販売と集計を行う基準が、時代に合わないという考えには変わりありません。最近、ほとんどの人々は音楽を携帯に保存しません。速度の速いインターネットで、もっとたくさんの情報をどこでも自由にストリーミングで共有するためです」と説明した。

YGは「USBに音楽を収録していないため集計が不可能だというGAONチャートの立場通りなら、音楽ランキングの集計もダウンロードだけ適用し、ストリーミングは適用してはならないでしょう」と強調した。

続けて「G-DRAGON USB2.0アルバムはリンクだけでなく、ダウンロードまでできる双方向サービスであり、アルバムを購入したファンに音楽のみならず、もっとたくさんの情報をサービスするためのグレードアップされた方法です。最近CD販売をしないからといって、人々が音楽を聞けないわけではないので、GAONの集計方法には意見や不満はございません」と明かした。

GAONチャートは「GAONチャートは今回の『クォン・ジヨン』のUSBを著作権法上配信(ダウンロードサービス) だと判断しました。上記の商品はデジタルチャートとダウンロードチャートに反映します。今後YG ENTERTAINMENTとの協力を通じて、これと関連したデータが受けられるよう協議を進めます。本商品のGAON指数のダウンロード加重値は、従来のダウンロードサービスと同様に反映する予定です」と明かした。