画像提供:マイナビニュース

写真拡大

フィリップスエレクトロニクスジャパンは7月7日から、日本輸入代理店の小泉成器を通じて、スター・ウォーズスペシャルデザインモデルとなる「フィリップス スター・ウォーズシェーバー」を発売する。家電量販店や通信販売で数量限定にて販売する。価格はオープンプライス。3モデルで展開し、カイロ・レンモデル(XZ5810/70)、キャプテン・ファズマモデル(XZ5800/69)、ストームトルーパーモデル(XZ580/04)だ。

カイロ・レンモデルは、ライトセーバーをモチーフにした赤色LEDを搭載。ターボプラスモードをオンにすることで、20%回転数がアップし、髭の濃い箇所も一気に剃りあげる。風呂場での使用も可能だ。本体サイズはW61×D67×H164mm、重さは約179g。充電式で、約1時間の充電で50分使用できる。充電器は本体をセットしてボタンをおすだけで充電、洗浄、潤滑化が全自動で可能な「スマートクリーンシステム」を採用している。

キャプテン・ファズマモデルは、5方向のフレックスヘッドを搭載し、しっかりとした深剃りを実現する。こちらも風呂場での使用も可能だ。本体サイズはW61×D67×H164mm、重さは約179g。約1時間の充電で40分使用できる。洗顔ブラシを付属しており、手洗いでは落としにくい古い角質や汚れをしっかりと除去する。

スチームトルーパーモデルは、自動研磨システムを搭載し、高い耐久性が特長。シェービングのたびに内刃を磨き、鋭い剃り味を持続させる。手間のかかるオイル差しは不要だ。本体サイズはW57×D67×H168mm、重さは約152g。約10時間の充電で20分使用できる。本体の水洗いが可能だ。

フィリップスのシェーバーは70年以上の歴史を持ち、120カ国以上にユーザーをかかえる。同社では、今回の取り組みを通じて、スター・ウォーズのファンはもちろん、電気シェーバーを使用したことがない人、フィリップスのシェーバーを使用したことがない人にも、製品の魅力を伝えて認知度向上を狙う。