画像提供:マイナビニュース

写真拡大

財務省は6月19日、2017年5月の貿易統計(速報、通関ベース)を発表した。それによると、輸出額から輸入額を差し引いた貿易収支は2,034億円の赤字となった。赤字は4カ月ぶり。原油価格の上昇などにより輸入額が増加した。

○対EU、4カ月ぶりの赤字

輸出額は前年同月比14.9%増の5兆8,514億円と6カ月連続の増加。品目別では、自動車が同8.2%増、鉄鋼が同20.0%増、船舶が同42.0%増などとなった。

輸入額は同17.8%増の6兆547億円と5カ月連続の増加。品目別では、液化天然ガスが同68.6%増、石炭が同74.7%増、原粗油が同17.0%増などとなった。

地域別にみると、対米国は、輸出額が同11.6%増の1兆824億円、輸入額が同7.4%増の6,713億円で、4,111億円の黒字。黒字額は3カ月ぶりに増加した。

対EUは、輸出額が同19.8%増の6,924億円、輸入額が同12.5%増の7,329億円で、405億円の赤字。輸入額は5月としては最大、赤字は4カ月ぶりとなる。

対アジアは、輸出額が同16.8%増の3兆2,344億円、輸入額が同14.4%増の2兆9,254億円で、3,091億円の黒字。黒字は4カ月連続となる。

対中国は、輸出額が同23.9%増の1兆1,173億円、輸入額が同9.6%増の1兆4,291億円で、3,118億円の赤字。赤字は3カ月連続となる。

01:2017年5月貿易統計(速報)(出典:税関Webサイト)