オーバメヤン、リバプール移籍へ?

写真拡大

▽ドルトムントに所属するガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤン(28)をリバプールが狙っているようだ。フランス『Le Parisien』が報じた。

▽今季ブンデスリーガの得点王に輝いたオーバメヤンに関しては、今夏のパリ・サンジェルマン移籍が近づいているとみられていたが、同クラブの方針変更により破談となり、現在は去就が不透明になっていると伝えられる。

▽『Le Parisien』によれば、そのオーバメヤンをリバプールが急襲しようとしているようだ。リバプールを率いるユルゲン・クロップ監督はドルトムント時代にオーバメヤンを指導。オーバメヤンも、リバプールのプロジェクトに興味がないわけでもないとのことだ。

▽ドルトムントはオーバメヤン放出に際して7000万ユーロ(約87億円)を求めると伝えられてきたが、リバプールはこの金額を払う準備ができているとのことだ。