決勝はともにツアー初優勝を目指すコンタベイトとビクトリアンセワの対戦に [リコー・オープン]

写真拡大

「リコー・オープン」(WTAインターナショナル/オランダ・スヘルトーヘンボス/6月12〜18日/賞金総額25万ドル/グラスコート)の女子シングルス準決勝が行われ、アネット・コンタベイト(エストニア)とナタリア・ビクトリアンセワ(ロシア)が決勝に進んだ。

 コンタベイトが第7シードのレシヤ・ツレンコ(ウクライナ)を6-3 6-7(0) 6-2で、ビクトリアンセワは第5シードのアナ・コニュ(クロアチア)を6-3 7-5で破っての勝ち上がり。

 20歳のビクトリアンセワは、WTAツアーで初の決勝進出。4月にビール(WTAインターナショナル/室内ハードコート)で準優勝を果たした21歳のコンタベイトは、2度目の決勝でツアー初タイトルを目指す。両者は今回が初対戦となる。

テニスマガジン/Tennis Magazine

※写真は「リコー・オープン」(オランダ・スヘルトーヘンボス)で決勝に進出した21歳のアネット・コンタベイト(全仏オープンでのもの)
Photo:PARIS, FRANCE - MAY 29: Anett Kontaveit of Estonia plays a backhand during the ladies singles first round match against Monica Niculescu of Romania on day two of the 2017 French Open at Roland Garros on May 29, 2017 in Paris, France. (Photo by Adam Pretty/Getty Images)