地元イギリスのコンタがグラスコートで初の決勝進出 [AEGONオープン・ノッティンガム]

写真拡大

「AEGONオープン・ノッティンガム」(WTAインターナショナル/イギリス・ノッティンガム/6月12〜18日/賞金総額25万ドル/グラスコート)のシングルス準決勝が行われ、第1シードのジョハナ・コンタ(イギリス)とドナ・ベキッチ(クロアチア)が決勝に進んだ。

 コンタがマグダレナ・リバリコバ(スロバキア)を6-2 7-5で、ベキッチは第5シードのルーシー・サファロバ(チェコ)を7-6(5) 3-6 7-6(4)で破っての勝ち上がり。

 コンタは1月のシドニー(WTAプレミア/ハードコート)と3月のマイアミ(WTAプレミア・マンダトリー/ハードコート)でタイトルを獲得するなどWTAツアー通算3勝を挙げているが、グラスコートでは初の決勝となる。

 20歳のベキッチは2015年10月のタシケント(WTAインターナショナル/ハードコート)以来の決勝で、2014年4月のクアラルンプール(WTAインターナショナル/ハードコート)に続くキャリア2勝目を目指す。

 両者は昨年8月にシンシナティ(WTAプレミア5/ハードコート)の2回戦で初対戦しており、コンタが6-2 6-3で勝っている。

テニスマガジン/Tennis Magazine

※写真は「AEGONオープン・ノッティンガム」(イギリス・ノッティンガム)の準決勝で対戦した地元イギリスのジョハナ・コンタ(左)とマグダレナ・リバリコバ(右)
Photo:NOTTINGHAM, ENGLAND - JUNE 17: Johanna Konta of Great Britain shakes hands with Magdalena Rybarikova of Slovakia after victory in their Women's Singles semi-final match on day six of the Aegon Open Nottingham at the Nottingham Tennis Centre on June 17, 2017 in Nottingham, England. (Photo by Jordan Mansfield/Getty Images for LTA)