コニュ、ツレンコらが4強入り [リコー・オープン]

写真拡大

「リコー・オープン」(WTAインターナショナル/オランダ・スヘルトーヘンボス/6月12〜18日/賞金総額25万ドル/グラスコート)の女子シングルス準々決勝が行われ、第5シードのアナ・コニュ(クロアチア)、第7シードのレシヤ・ツレンコ(ウクライナ)、アネット・コンタベイト(エストニア)、ナタリア・ビクトリアンセワ(ロシア)の4人が準決勝に進んだ。

 コニュがエフゲニヤ・ロディナ(ロシア)を6-3 6-7(4) 7-6(0)で、ツレンコが第2シードのクリスティーナ・ムラデノビッチ(フランス)を6-3 6-1で、コンタベイトがカリナ・ビットヘフト(ドイツ)を6-3 6-1で、ビクトリアンセワはワイルドカード(主催者推薦枠)のアランチャ・ラス(オランダ) を6-3 6-2で破っての4強入り。

 準決勝ではコニュがビクトリアンセワと、ツレンコはコンタベイトと対戦する。

テニスマガジン/Tennis Magazine

※写真は「リコー・オープン」(オランダ・スヘルトーヘンボス)で準決勝に進出した第5シードのアナ・コニュ(マイアミの大会でのもの)
Photo:KEY BISCAYNE, DE - MARCH 23: Ana Konjuh of Croatia returns a shot against Kirsten Flipkens of Belgium during Day 4 of the Miami Open at Crandon Park Tennis Center on March 23, 2017 in Key Biscayne, Florida. (Photo by Al Bello/Getty Images)