Photo by cinemacafe.net

写真拡大

開催中の「ショートショート フィルムフェスティバル&ASIA 2017」にて6月18日(日)、2015年の米アカデミー賞短編アニメーション部門の候補となった『ダム・キーパー』を製作したスタジオ「トンコハウス」のメンバーによるトークセッションが行われた。
『Hulu presents トンコハウスの旅 2017』と銘打たれたこちらのトークセッション。出席したのは『ダム・キーパー』の監督であり、共にピクサーから独立し、トンコハウスを設立した堤大介、ロバート・コンドウと、この夏より同スタジオ制作でHuluにて配信が開始される全10話のアニメーション『ピッグ 丘の上のダム・キーパー』の監督で、こちらもピクサーから独立して同スタジオに加わったエリック・オーの3人。

堤さんはまず、トンコハウス設立の経緯を説明。堤氏とコンドウさんは、ピクサーにアートディレクターとして在籍中に『ダム・キーパー』を制作したが、堤さんは同作制作中は「経験したことのないワクワク、できるのか? という恐怖が常にある毎日だった」と述懐。「制作後にピクサーに戻ったら、いままで慣れ親しんでいたはずの景色が変わって見えた」と明かし、その高揚感を「毎日、味わいたいと思ってトンコハウスを立ち上げました」と語る。

コンドウさんは、大学卒業後にピクサーに入社しすぐにアートディレクターとして活躍してきた“エリート”。そのピクサーをやめる決断は「決して簡単ではなかった」と語りつつ「ピクサーを辞めないとしたら、その理由は自分の中では恐怖だけだった。だったらやってみようと思いました」とふり返る。

その後、トンコハウスでは東宝のプロデューサーで作家としても活躍する川村元気の手による絵本を原作に『ムーム』を手掛け、日本のクリエイターとのコラボレーションを行ない、今回、エリックさんを監督に迎えてHulu配信による全10話のアニメーション『ピッグ 丘の上のダム・キーパー』を制作した。

堤さん、コンドウさんはエリックの加入について、トンコハウスのさらなる成長のためのプロセスであると強調。コンドーさんは「エリックは、ピクサーで活躍すると同時に、外部のプロジェクトでもいろんな作品を手掛けてきました。自分でプロジェクトを立ちあげ、完成まで遂行できる人として、エリックしかいなかった」と称賛。

エリックさんは、韓国出身のアニメーターとして、ピクサーでも『ファインディング・ドリー』『インサイド・ヘッド』などでも活躍した「ピクサーのエース級のアニメーター」(堤さん)だが、トンコハウスへの加入について「僕自身、(堤さんとコンドウさんの)2人がやってきたことにインスピレーションを受けてきました」と明かし、自身と同じくアジアにルーツを持ち、アメリカ、日本とその両方の地での活動を行う彼らの仕事に「強く興味を持ちました。ここでなら自分も面白いことができると思いました」とその経緯を語った。

『ピッグ 丘の上のダム・キーパー』では、『ダム・キーパー』の主人公であるピッグの幼い頃の姿が幻想的に、断片的に紡がれていく。エリックさんは「まず、制作にあたり2人は僕に『好きに考えていい』と自由を与えてくれました。『ダム・キーパー』でも“父と息子”というコンセプトがあったので、それを踏まえて彼がどのようにダム・キーパーになったのか? その経緯を考えながら作っていきました」と説明。「セリフがない中で、幼少時代の記憶を描くため、彼が幻想的な形で覚えている記憶を組み立てていきたいと考えました。エモーショナルな動きや面白い動き、哀しみも描かれており、デザインは『ダム・キーパー』と比べてシンプルです。そのお分、動きをより見てもらえるし、詩のような作品になっていると思います」と語った。

なお『ダム・キーパー』は20世紀フォックスとの共同制作で長編作品として新たに制作されることも発表された。

(text:cinemacafe.net)

■関連記事:
『ダム・キーパー』作画監督、登場キャラの新たな物語紡ぐ!トンコハウス×Hulu最新作
アカデミー賞短編アニメーション賞ノミネート「ダム・キーパー」のトンコハウス展開催
上戸彩&斎藤工、上海でも熱烈歓迎!「熱量がすごい」
有岡大貴、滝沢秀明の“若い付き人”に間違われる
芦田愛菜、人生初のイベントMC!「暖かい気持ちに」山田孝之はホッコリ