Microsoftが2017年5月に発表した薄型・軽量・スタイリッシュで安価なノートPC「Surface Laptop」を、あらゆるデバイスを分解するiFixitが分解しています。10が最も分解が容易、1が困難という10段階評価で「0」という想定外の評価を得ており、「本体に多くのダメージを与えずに分解することはできない」と評されています。

Microsoft Surface Laptop Teardown - iFixit

https://www.ifixit.com/Teardown/Microsoft+Surface+Laptop+Teardown/92915

分解前にX線写真を撮影するとこんな感じ。バッテリーやファン、ヒートシンクが確認できます。



分解にあたって、どこかにネジが隠れていないか?ということで、まずはゴム製のフットバッドを剥がしてみたものの、ネジはなし。



ねじ穴がどこにも見つからないため、「ガワを無理やり外す必要があるのでは」と判断したiFixitはデバイスオープナーをSurface Laptopのファブリックカバーの下に差し込んでケースの外側を剥がしにかかります。この時点で既に「元の状態に戻すのは困難だろう」と語るiFixit。



しかし、いくら手で剥がそうとしても、しっかりと接着されているファブリックカバーは手で剥がせなかったとのこと。



そのため、今度はカッターを使って、ヘリの部分のファブリックカバーを切り取っていきます。すると、ファブリックカバーの下からメタルシールドが見えてきました。



続いて、接着剤で固定されているメタルシールドを剥がすため、電子レンジで温めたiOpenerを上に載せて接着剤を溶かし……



隙間にピックを入れて剥がしていきます。



ペラリとようやく剥がせました。



……が、喜んだのもつかの間、キーボードの裏側とマザーボードがケーブルで接着されていることが判明。



このケーブルは、キーボード側のトラックパッドの裏側に続いていました。ドライバーを使ってトラックパッドを固定するプレートを外し……



取り外したトラックパッドはこんな感じ。



トラックパッドには「Kinetis K22 MCUs」とタッチコントローラーの「Synaptics S9101B」がついていました。



キーボードを剥がした状態のSurface Laptopはこんな感じ。



左右には2つのスピーカー。



2つのスピーカーはSurface Pro 4と同様に形が異なるもの。赤色で囲まれている部分は水によるダメージを感知するインジケーターです。



アンテナは本体の左横に。



本体上部の中央、黒いシールドの下にはマザーボードがありました。



ヒートシンクはこんな感じ。



ということでマザーボードを取り出してみます。



赤い枠で囲まれている部分に「Intel Core i7-7660U」があり、オレンジ枠で囲まれている部分にはSK Hynixの「H9CCNNNBJTAL LPDDR3」、黄色い枠で囲まれているのが東芝のSSD「THNSND256GTYA 256 GB」、緑色で囲まれている部分がMarvellの「Avastar 88W8897」、水色で囲まれている部分がMicrosoft製チップ「X904169」と「X904163」、青色で囲まれている部分がNuvotonのTPMチップ「NPCT650SBBWX」。CPUやRAMはマザーボードにはんだ付けされており、自分でアップグレードするのは難しいそうです。



裏面にひっくり返して紫色で囲まれている部分がNXP/Freescaleの「M22J9VDC」と「Kinetis K22F 512KB 120 MHz ARM Cortex-M4 Based MCU」



マザーボードが取り外され、バッテリーだけが残されました。バッテリーは交換が困難&危険なので、「デバイスの寿命を制限している」と評されています。なお、バッテリーは45.2Whで、45WhのSurface Proや41WhのMacBook Retinaとほぼ同じとのこと。



ヘッドホン端子のモジュールは、他の部分とは異なり取り外しが簡単。



ヒンジは他のSurfaceシリーズの端末よりも平凡で、比較的簡単にとりはずせたようです。



ということで分解終了。Surface Laptopはどこもかしこも接着されており、「分解」が「破壊」を意味してしまうので、本体にダメージを与えることなく分解することはほぼ不可能とのこと。ということで、分解の難易度は10が最も簡単という1〜10の段階評価で「0」というぶっちぎりの評価を得ています。