快適な空の旅の参考に… (C)2013 Twentieth Century Fox.

写真拡大

 夏休みが近づき、海外旅行を計画している人も多いはず。海外旅行につきもののの飛行機移動での楽しみといえば、機内エンタテインメントでの映画鑑賞。だが、せまい機内では周囲の人々への配慮が普段以上に求められるもの。そこで作品を選ぶのに役立ちそうなのが、米Collider発表の「飛行機で見てはいけない名作9本」だ。

 たまたま隣り合わせた見知らぬ人と気まずくなること間違いなしの、過剰なバイオレンス描写やみだらすぎるラブシーンがある作品はもちろん、飛行機恐怖症でなくとも不安をかきたてられる飛行機事故を題材にした作品など、納得のラインナップ。上空1万メールの機内で見るのはオススメできない映画ばかりだが、どれも映画好きなら必見の作品といえる。

 米Colliderが選ぶ「飛行機で見てはいけない名作9本」は以下の通り。

▽「THE GREY 凍える太陽」
理由:飛行機墜落がリアルに描かれる
類似例:「フライト」「ファイナル・デスティネーション」

▽「マーターズ(2007)」
理由:昼間でも耐えられない残虐シーンのオンパレード
類似例:「屋敷女」「食人族」「サランドラ」

▽「ラストタンゴ・イン・パリ」
理由:露骨すぎるセックスシーン
類似例:「ニンフォマニアック」「アデル、ブルーは熱い色」

▽「アメリカン・サイコ」
暴力×濡れ場×売春×薬物乱用の最悪コンボ
類似例:「オールド・ボーイ(2003)」

▽「悪の法則」
理由:同上。なぜ機内エンタテイメントにラインナップされたのか理解できない
類似例:もう一度「悪の法則」

▽「アンチクライスト」
理由:まるでポルノな性描写
類似例:ラース・フォン・トリアー監督作なら大抵どれでも

▽「きっと、星のせいじゃない。」
理由:号泣必至
類似例:「愛と追憶の日々」「世界一キライなあなたに」「ソフィーの選択」「ぼくとアールと彼女のさよなら」

▽「ゼロ・グラビティ」
理由:大スクリーンで体感するべき
類似例:「インターステラー」

▽「ユナイテッド93」
理由:飛行機事故が描かれるだけでなく、過去の惨劇のトラウマを思い起こさせ、暗たんとした気持ちに……
類似例:「それでも夜は明ける」