画像

写真拡大 (全3枚)

 NTTドコモは、6月30日より、「みんなのVR」を法人企業、自治体向けに提供開始する。

 NTTドコモは、6月30日より、手軽にVR施策を企画・運営できるサービス「みんなのVR」を開始する。同サービスは、クロスデバイスと共同で開発した「みんなのVRTM」アプリと、クラウド管理サーバーをパッケージ化することで実現した。

 同サービスでは、法人企業などが所有するVRコンテンツを利用することで、手軽かつ新たなコストをかけずにVR配信を行うことが可能に。また、VRコンテンツはクラウド管理サーバーで管理できるため、遠隔地でのVRコンテンツ編集や更新作業、再生数の集計と閲覧もできる。

 VRを視聴する際は、操作用のタブレットとヘッドマウントディスプレイに装着するVR視聴用のスマートフォンをWi-Fiで連携。視聴中のVRコンテンツは同時にタブレットや大画面モニターに出力できるため、家族や友人などと映像を共有することができる。

 また、同サービスの第一弾として、青森県大鰐町のVRプロモーションの体験イベントを開催予定。同社は、同サービスを通し、地域の魅力的な観光資源などを伝えることで、地域活性化を支援していく。

MarkeZine編集部[著]