恋愛に奥手な女子の中にも、ちょっと遊びのつもりでエッチしちゃったことのある人がいると思います。あなたが遊びと割り切っていても、エッチのあと本気で「好き」とか「付き合ってよ」と男性から言われたらうれしいと思う反面複雑な気持ちになることもありますよね?


今回は、遊びのつもりでエッチをしたにもかかわらず相手から本気でアプローチされてしまった時の理由についてご紹介しつつ、そんなややこしい男子に振り回されない方法も一緒に見ていきたいと思います。

エッチしたら気持ちが入り込むのが男だから


男子って妙なクセがあって、エッチさせてくれた女子に気持ちがすごく入り込むのです。極端な例を挙げるなら、風俗嬢にハマる男っていつの時代にも一定数います。そういう人は、「絶対にどこそこの店の○○ちゃんじゃないと好きになれない」わけではないのです。○○ちゃんが出勤していないときには、他の女子とエッチしたらその女子のことを好きになります。
こういう男子に対して、「ようするにヤラせてくれたら誰でも好きになるんでしょ?」と言う女子がいますよね? でも、そうじゃないんです。悪気なくすんなりと気持ちが入り込むのです。なぜか? 理由は諸説ありますが、おそらく「温かくおれのことを迎え入れてくれた」ということが、彼にとってはすごくうれしいのではないでしょうか?

簡単に体を許してはダメ!
だから女子は簡単にパンツを脱いではいけないのです、という答えが1つ出てきます。2つ目は、そういう“ややこしい男子”とは絶対に寝ないことです。となると、わりと遊び慣れた男子しか、女子の遊びの対象にならないのかもしれません。でもだから、よく遊ぶ男女は固定化されてくるのです。遊び人同士で集まるというのは、「安全に」「楽しく(ややこしいこと抜きに)」遊びたいからなんです。

悪ぶるところから始めないと恥ずかしすぎるから



エッチする前から、本当は彼女のことが好きで好きでたまらなかった。でも、真面目に彼女のことを口説くのはどことなく気恥ずかしいから、悪ぶって「先にエッチするようにもっていった」。こういう男子は、エッチのあと真面目になって(本来の自分に戻って)、大真面目にしつこいくらい「好き」と言ってきます。

ハッキリさせるのはあなたの役割?
悪ぶるところが二人の入り口になってしまったというのは、女子であるあなたにも非があります。エッチの前に、ちゃんと彼のことを“マジメ君”にさせないと! チャラけて「付き合おうよ」と言ってくる彼に対して、「どうして付き合うという大事なことをチャラけた口調で言うの? 付き合いたいなら、もっと真面目に真剣に付き合ってくださいって言ってごらんよ」くらいのことは言えないと!

女子より男子の方がさみしいから


1度おいしい思いをさせてくれた女子に対して、「2度目がある」と思いたいのが男です。女子が「今回は今回で気持ちかった! 次回はなし!」と思っていても、男子は「またヤラせてよ。だっておれは、君のことが好きだから」と言います。「君のことが好きだから」はウソです。ヤラせて欲しいから、そう言っているだけです。これは時の流れとともに、彼も「ウソを言った」と自覚します。ある程度時が流れないと、彼は自分がウソを言っている自覚がありません。

男女の違いを理解してあげて
なぜ男子は「好きだから」とウソを言うのか? しかも無自覚に言うのか? おそらくそれは、男子の方が女子よりたくさんのさみしさを抱えているからです。簡単に言えば、若い女子はその気になれば、エッチできる相手に不自由しないでしょう。対して若い男子は、普通に暮らしていたら2年も3年もエッチの相手に恵まれないことなんてよくある話です。
それに、女子はその気になれば子どもを産み育てることができます。命を伝えることができるというのは、さみしさに過度に足をとられないという意味において圧倒的に有利なことです。さみしさを感じる暇もなく子育てに追われて、上手くいけばそれなりに充実した人間らしい暮らしができます。



対して男子は、そもそも子どもを産めない体になっています。下手すれば、生涯孤独です。さらに、場合によっては非人間的な組織で、定年まで働かなくてはなりません。神様が決めた体つきが、男女の抱えるさみしさの総量の違いを生んでいます。だから男子は、女子よりもさみしいのです。だからウソをついているということを自覚できないまま、「君のことが好きだからまたエッチしようよ」と言います。

いかがでしょうか。
ハダカになるというのは、それなりの覚悟がないとやってはいけないことです。やった後に被害者意識を持つというのも、やってはいけないことです。強姦なら話は別ですが、普通はハダカになる前に、なんらか男女の合意があるはずです。
あなたに覚悟がないのであれば、安易にパンツを脱がないこと! たまにはパンツを脱がないとムラムラが収まらないと思っても、脱がないことです。脱がない女子っていっぱいいますよ!
(ひとみしょう/studio woofoo)