清川メッキ工業 代表取締役社長 清川肇氏。「均質」な製品を「量産」。それこそが「開発」と自負

写真拡大

「めっき」というと、24金コーティングなど美観を目的とした「装飾めっき」を一般的には想像しがちだが、昨今ではめっき被膜そのものの特性を利用して製品に機能を付与する「機能めっき」の技術が我々の生活に欠かせなくなっている。

福井県の清川メッキ工業は、驚異的な精巧さで世界にその名が知られるトップランナーだ。ミクロな技術でビッグスケールのビジネスを展開する一方、「海外進出しない」と、あくまでも地元・福井に根を張る社風も個性的である。昨今、積極的に世界進出を「グローバル化」の名の下で試みる企業が多いのに、なぜ清川メッキ工業はあえて「ローカル」で居続けようとするのか。中沢孝夫福山大学経済学部教授が解説する。

<清川メッキ工業>
本社所在地●福井県福井市 従業員数267名(正社員256名、パート社員11名)
社長●清川肇(1964年生まれ、2代目。工学博士。富士通を経て92年入社)
沿革●1963年、現会長の清川忠が創業。ミクロを超えるナノ・テクノロジーの表面処理加工技術で、携帯電話、デジタルカメラ、人工衛星など、最先端IT産業の発展に貢献。

■ものづくりの肝はプロセスにある

「ナノめっき」の技術なくして現代の生活は成り立ちません。なぜなら、スマートフォンをはじめ、私たちを取り囲むエレクトロニクス商品に使われている半導体や各種電子部品の機能、性能と精度を守り、各部品の接続・連携を支えているのは、「ナノ」や「マイクロ」を単位とするめっきの技術だからです。

「ものづくり」というと、自動車やスマートフォン、あるいは伝統工芸など、消費者が手にする商品だけを連想しがちです。しかし「ものづくり」に従事する側にとって、肝はプロセスにあります。商品の企画・開発、つくるための生産設備の設計製造、各種の中間財(部品や素材)や中間財を加工する方法の開発、量産化への道。この一連のプロセスを「滞りなく行う」ことは、言葉でいうほどたやすいことではないからです。

例えば、スマホには800〜900種類の部品を組み込まれています。タッチパネル、液晶パネル、各種半導体、プリント基板、電気を蓄える積層セラミックコンデンサー。多くは大きさや厚みが0.1ミリ、0.2ミリで、当然その素材もまた微細。その微細な「部品や素材」をつくるプロセスはさらに超微細で、困難を極めます。

■塵にもめっきが可能な、ミクロン単位の技術

知らぬ者はいない世界的大企業の数々がナノめっきで頼りにする「清川メッキ工業」で話を聞くと、私たちが「めっき」という言葉から連想するイメージと全く異なる世界があることに驚かされます。私たち素人にとってめっきとは、見た目を装飾したり、錆を防止したりする機能を思いつく程度ですが、最先端のナノめっきはまるで別世界です。

必ずしも「ナノ」(10億分の1)の単位ではなく、「マイクロ」(ミクロン、100万分の1)もありますが、前述のようなエレクトロニクス商品の各種部品にめっきをするのが同社の仕事の中心。各種部品を接着し保護する機能、つまり接着剤や「半田」の役割を担うめっきです。清川肇代表取締役社長はこう言います。

「例えば、ダイヤモンド工具でいいますと、20μm(ミクロン)のダイヤモンド粒子に0.1μmのめっきを施します。ちなみに、人間の髪の毛の太さは50〜100μmです。さすがに空気にはめっきできませんが、わが社では5μmくらいの塵にまで、めっきができます」

清川メッキの仕事はあまりに細かすぎて、社長自身も自社の製品がどの商品に使われているか、見てもはっきりとはわからないそうです。

「クライアントは部品の使用箇所を弊社に教える義務などないですから、本当によく知らないのです。ただ、昔は機械を分解すればわかりました。というのは、昔の部品は今よりずっと大きかったから、企業のマークやナンバリングを認識できた。思い返すと、20年くらい前までは、なんとか見分けがつきました。今はすべてが小さくなって、バラしてもほとんどわかりません」

主要取引先企業を考えれば、おそらくスマートフォンの要部分に使われているのは間違いなさそうです。そして、清川メッキ工業なくして、スマートフォンがここまで我々の生活に身近な電化製品になりえただろうか、と思うエピソードがあります。

「スマートフォンの部品に限りませんが、年間にすると、数百億個近い数の部品にめっきをして、“市場不良品は限りなくゼロ”だと思います。不良品があれば、クライアントから必ず苦情がくるはずだからです。おかげさまで苦情はありません。こういう業種はなかなかお褒めの言葉はいただけないのですが、クレームはしっかりくるんですね。だから、苦情をいただかず、何に使われているかもよく知らずにいられるのは良いことなんです。そんな状態のほうが良いなんて、少し変わった仕事かもしれませんね(笑)」

つまり、開発技術が優れているだけでなく、億単位の納品でも一つの不良品も出さないほど正確な仕事を請け負う企業なのです。

■営業部は置かずに、現場の困りごとを拾う

こうした精緻なめっきが施された部品があるからこそ、作動に支障をきたさずに、エレクトロニクス製品はその役割を果たせます。ではなぜ、このような開発技術が養えるのでしょうか。

「弊社は、他社では断るような“できるかどうかわからないこと”をするのがイノベーション、という姿勢で開発を続けてきました。化学、電子部品、医療品、繊維などのメーカーから、『できませんか』『やれませんか』という“困りごと”の問い合わせが年間に1000件あります。そのうち試作につながるのが300件。仕事として成立するのが30件、5年続くのが3件でしょうか。いわば我々の仕事は“千三つ屋”です(笑)」

「千三つ屋」は、もともとはネガティブ用語。「1000件のうち3件しか本当の事を言わない人たち」という意味で、昔は不動産屋などがそうした職業と言われました。

「確率は低くとも、困りごとが持ち込まれなければ最後の3つは生まれません。でも、それで十分なのです。1個の値段は1円に満たなくても、ナノめっきが必要な部品の受注数は桁が大きいですから」

同社にはいわゆる営業部署がありません。すでに1000社の取引先がありますし、毎年、数回の展示会に出向いて話をすれば、新規の「依頼案件」が無数にあるので、無理に営業する必要がないのです。

「たとえば、ニッケルにめっきをしてほしい、とおっしゃる企業があったとします。でも、一口にニッケルにめっきをする、といっても、業界によって全く異なる使い方がされています。ある企業は硬いニッケルが欲しいと言い、別の企業は軟らかいニッケルが必要だと言う。あるいは、半田が濡れないニッケルを欲している企業もあります。しかも、それを付ける素材がそれぞれ違う。ですから、すべてカスタマイズするしか解決方法はありません。このように、ニッケルにめっきをすると言っても、さまざまなニーズがありますから、展示会では求めている技術を持ち、かつ実現できる企業を探している企業から、本当に多種多様な相談をされます。そうしたやりとりからも、いろいろなヒントを得られるし、新しい取引先と出会う機会も十分にあるんです」

■自社の持つ技術情報とバーターで欲しい情報を得る

清川メッキ工業は「海外進出はしない」けれど、海外出張には出向き、各国企業との情報交換を行っているといいます。

「アメリカ、ヨーロッパ、東南アジアを回りますが、めっき開発が進んでいるのは、やはりドイツ、アメリカ、そして日本。ただ、それぞれ得意分野が違います。たとえば、アメリカは開発しても、ものづくりは台湾などで行うケースが多いです。ドイツや日本は“今、売れるもの”ばかり発信する傾向がありますね。そして弊社が欲しいマニアックなものや情報は、なかなか紹介してくれません。ですから、我々の技術や情報とのバーターで教えてもらうんです。つまり、こちらも相手が欲しがる何かを持っていなければならない、ということ。大学の先生と一緒に行って、向こうの大学の先生とも交流し、5年後に進捗を報告し合いましょう、という話をする。そうしたやりとりがなければ、これからの5年間に起きる変化は見られない。これは日本にいるだけでは絶対にわからないことで、最先端の尖った情報や技術をキャッチアップする努力はする必要があります」

開発、検査、試作、そして量産仕事と267人の社員は常に大忙し。そして、希望してパートで働く社員以外、全員が正社員。中途退職者はよほどの事情がないかぎり出ないそうです。親子、兄弟、親戚、夫婦……と身内で勤めている人がとても多く、まさに家族的な企業でもあります。

「離職率が高かった時期もありました。でも、たとえば現場の職場をクリーンにするように心がけたら、社員の疲労が軽減したように思います。QC活動や合理化も含めた改善活動を強化することによって、作業現場の環境が改善しました。コストダウンという言葉で考えるのではなく、環境に良いというキーワードを中心にして考えると、無駄な資源を減らすことになり、結果的に現場の環境が良くなるんですよ。それから、“自分がいかに楽でいるか”を追求させます。作業時間を半分にできる方法はないのか、といったことです。仕事を早く終えれば、早く帰れます。そうした改善を常に意識的に心がけるようになったら、離職率が激減しました」

■海外に出る気なし。地元で技術を磨く

実際にとても整理整頓が行き届いた工場内だったのが印象的でした。そして改めて「今後も海外を拠点にする気はないのか」と清川社長に訊ねました。

「行きません。海外でやるなら同じ投資を地元でやります。海外でグローバル展開すれば、過度な価格競争に巻き込まれる。価格競争に巻き込まれない最先端の技術を開発し続けて、ここ福井で生き残るつもりです」

自ら出なくても世界中のお客が向こうからくる、という自信に裏付けられた方針なのでしょう。

同社では製造用ラインの機械も自社で設計しています。それも当然。どこにも出来ないものをつくるための機械は、売っていないからです。また、工場でめっき工程を見せてもらっても、20μmの材料に5μmのめっきをしているのだから、何をしているのか全く見えません。それがナノめっきの驚くべき世界です。

「めっきの技術自体は、実は古代からあった技術。古代エジプト文明に見られる金を施した像などは、水銀の中に金を溶かしたものをめっきしたものなんですよ。そして、塗ってから松明などを炊くと、水銀が溶けて金が残る。この技術をギリシャ語でアマルガムというのですが、奈良の大仏もほぼ同じ技術です。つまり、“滅して金が残る”から“滅金”、めっきん、めっき、と言われるようになったらしいです。だけど、水銀を使うわけですから、揮発した水銀を吸い込む可能性がある、とても危険な作業です。それで、ガスマスクが開発されたという記述が昔の書物に残っているのですが、それでも相当、身体がおかしくなった方がいたはず。でも、そういう話は歴史に残らないんですよね」

古代まで遡ることができるめっき技術が、長い時を経た現代に至っても、進化し続けている技術である点にロマンを感じる話です。

清川メッキ工業は「めっきとは、人を、ものを、活き活きとさせるもの」と主張しています。しかし、辞書にはそう書かれていません。「表面だけ飾り、中身を偽ること」という意味と「めっきが剥げる」というマイナスの表現が説明されています。版元に用語説明の修正や加筆を要望しましたが、「現実に使われている意味は修正出来ない」という返事だそうです。

素晴らしい技術と開発努力の結晶であるめっきの説明が、辞書に載る日がいつかくるようにと願っています。

----------

編集部より:
「発掘!中小企業の星」は、成長を続ける優良企業を取り上げて、その強さの秘密を各界の識者が解説する、雑誌『PRESIDENT』の連載記事です。現在発売中の『PRESIDENT6.12号』では、女性に大人気の雑貨店「中川政七商店」を紹介しています。PRESIDENTは全国の書店、コンビニなどで購入できます。また、プレジデントオンラインでは本連載で紹介する、注目の中小企業を募集しています。詳しくは本記事の1ページ目をご覧ください。

----------

(福井大学経済学部 教授 中沢 孝夫 構成=中沢明子 撮影=水野浩志)