早いもので6月も半ば、2017年も折り返し。夏を目前に「2017年JOYSOUND カラオケ上半期ランキング」が発表されました。これは、業務用通信カラオケ「JOYSOUND」シリーズ、および「UGA」シリーズにて歌唱された楽曲の回数に基づき集計されたもの。カラオケの定番ソングから2017年上半期を象徴する楽曲まで幅広くランクインしています。
※集計期間:2017年1月1日〜5月31日。6月の1か月分によるランキングへの影響が軽微であるため、速報として発表

逃げ恥で大ヒットの星野源「恋」が首位獲得!

2017年上半期、見事1位に輝いたのは、ドラマ『逃げるが恥だが役に立つ』の主題歌として大ブレイクした星野源の「恋」! ドラマの出演者がエンディングで披露した「恋ダンス」は社会現象に。10代から50代という幅広い世代で1位を独占し、圧倒的な人気を示しました。リリースされたのは昨年でしたが、しっかりと支持される曲になっています。
続く2位には、昨年夏に公開され、驚異的な大ヒットを記録した映画『君の名は。』の主題歌「前前前世(movie ver.)」がランクイン。13位には「なんでもないや(movie ver.)」、アニメソングランキングにおいては「夢灯籠」が20位となり、関連曲が存在感を示しました。

◆楽曲ランキング◆
1位:恋/星野源
2位:前前前世(movie ver.)/RADWIMPS
3位:糸/中島みゆき
4位:海の声/浦島太郎(桐谷健太)
5位:ひまわりの約束/秦 基博(ハタ・モトヒロ)
6位:奏(かなで)/スキマスイッチ
7位:3月9日/レミオロメン
8位:ハナミズキ/一青窈
9位:小さな恋のうた/MONGOL800
10位:キセキ/GReeeeN
11位:残酷な天使のテーゼ/高橋洋子
12位:高嶺の花子さん/back number
13位:なんでもないや (movie ver.)/RADWIMPS
14位:365日の紙飛行機/AKB48
15位:トリセツ/西野カナ
16位:シュガーソングとビターステップ/UNISON SQUARE GARDEN
17位:ハッピーエンド/back number
18位:サイレントマジョリティー/欅坂46
19位:Story/AI
20位:栄光の架橋/ゆず

また、2017年に発売された楽曲で最も歌われたのは、アニメ『けものフレンズ』の主題歌として注目を集めた「ようこそジャパリパークへ」。作詞・作曲を椎名林檎が手掛けたドラマ『カルテット』の主題歌「おとなの掟」は3位となりました。

アップテンポで盛り上がる曲が目立つランキング結果に!

アーティストランキング、SMAPが12位に浮上

続く、アーティストランキングでは、RADWIMPSが首位に。前年の8位よりランクアップし1位を獲得。2位には“逃げ恥”効果で昨年の40位から飛躍を遂げた星野源がランクインを果たしました。「世界に一つだけの花」をはじめ、数多くの名曲を残し、惜しまれながら解散したSMAPは12位を獲得しました。

◆アーティストランキング◆
1位:RADWIMPS
2位:星野源
3位:back number
4位:GReeeeN
5位:西野カナ
6位:中島みゆき
7位:嵐
8位:ONE OK ROCK
9位:AAA
10位:Mr.Children
11位:AKB48
12位:SMAP
13位:EXILE
14位:いきものがかり
15位:ポルノグラフィティ
16位:BUMP OF CHICKEN
17位:コブクロ
18位:サザンオールスターズ
19位:スキマスイッチ
20位:DREAMS COME TRUE

ジャンル別では、演歌・歌謡曲ランキングでは、石川さゆり「城越え」「津軽海峡・冬景色」が上位を独占。アニメソングでは、前述の通り、映画『君の名は。』の関連曲のほか、カラオケの人気曲としてロングヒット中の秦 基博「ひまわりの約束」が2位に、UNISON SQUARE GARDENが歌う、アニメ『血界戦線』のエンディング「シュガーソングとビターステップ」が5位にランクインしています。

どの楽曲も口ずさめるものばかり。今すぐカラオケに行きたくなってしまいます……! あなたの十八番はランクインしていましたか?

「恋」はカラオケの場を盛り上げる曲として人気。

【参考】※ 株式会社エクシング