中国人旅行客の爆買いが話題になってからすでに数年が経過し、日本ではもう爆買いは減りつつあると言われる。これは中国人の消費がいかに速く変化しているかを示す事例と言えるが、中国メディアの今日頭条はこのほど、現在の中国における消費の変化を日本の過去の事例から読み解く記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 中国人旅行客の爆買いが話題になってからすでに数年が経過し、日本ではもう爆買いは減りつつあると言われる。これは中国人の消費がいかに速く変化しているかを示す事例と言えるが、中国メディアの今日頭条はこのほど、現在の中国における消費の変化を日本の過去の事例から読み解く記事を掲載した。

 消費の拡大や変化がどの分野でどのように生じているかを把握することは、中国経済の先行きを読み解く鍵となるが、記事は「消費の拡大の本質は価格ではなく、消費者の概念にある」とし、中国の目まぐるしい経済発展のなかで、中国人の消費の概念も変化していることを理解する必要があるとした。

 さらに、日本がたどってきた消費概念の変化は、中国での事業展開の面で良いサンプルになると指摘。日本の高度経済成長期は中国の経済成長と酷似しており、西洋の文化と消費概念がなだれ込み、日本人消費者の概念を一変させたものの、その後は西洋文化への盲目的な追随に対する反省が生じ、淘汰を経て一部が土着した過程は現在の中国でも生じていると指摘。

 さらに、中国で過去に一世を風靡した外資ブランドの絶頂期はすでに過ぎ去っているとし、中国で事業を展開している米国の複数のファーストフードチェーンの勢いはもう見られないと指摘した。

 ではこれから中国で台頭してくるであろう企業や消費概念は何かと言えば、中国において「日本のブランド」として認知され、成功している「無印良品」と「ダイソー」を例に取り、「消費者の需要を掘り起こし続け、成功している企業」だと指摘。経済成長によって中国には多くの企業が進出し、当初はただ目新しい物に踊らされていた消費者が、物の価値を見定め、自分の必要とする物に対してだけお金を払うように「消費の概念」が変化しつつあると指摘。このような変化に対応できるのは、「無印良品」と「ダイソー」のような消費者の需要を掘り起こし続ける企業であると論じた。

 中国では無印良品が大人気となっているが、その一方で中国にはすでに「無印良品」に近い商品コンセプトで事業を展開する中国企業も登場している。また、日本を訪れる中国人が増加を続けるなか、その消費を取り込むためには「中国人消費者がどのようなニーズを抱えているのか」をより考えていく必要がありそうだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)