17日、台湾メディア「中天快点TV」は記事「ドラえもんの翻訳こんにゃくが現実に!日本の強力翻訳機ili(イリー)、先行販売価格は5700台湾ドル」を掲載した。

写真拡大

2017年6月17日、台湾メディア「中天快点TV」は記事「ドラえもんの翻訳コンニャクが現実に!日本の強力翻訳機ili(イリー)、先行販売価格は5700台湾ドル」を掲載した。

アニメ「ドラえもん」に出てくるひみつ道具「翻訳こんにゃく」は誰もが求めてやまないものだろう。これさえ手に入れられれば語学学習に苦しむ必要はないからだ。そして今、人々の夢をかなえてくれるかもしれないガジェットが登場した。日本のベンチャー企業「Logbar」が開発した翻訳ガジェット「ili」がそれだ。

スマートフォンよりひと回り小さいサイズのガジェットだが、ボタンを押して言葉を吹き込むと1秒もかからずに翻訳してくれるという優れ物。現在、1000台限定で先行販売が行われている。価格は189ドル(約5730台湾ドル、約2万1000円)。Logbarは指輪型コントロールデバイス「Ring」で話題となった企業だ。次の製品として、人間同士が簡単にコミュニケーションを取れるようにしたいとの思いから、iliを開発したという。(翻訳・編集/増田聡太郎)