「明日も頑張れる気持ちが戻ってくる」ブッタの14の名言

写真拡大

2500年の時を超えて、ブッタは私達に、人としての清らかで穏やかな生き方を教えてくれます。人と争うことに疲れた時、自分の道を見失いそうになった時、ブッタのこんな言葉に触れて、大切なことを思い出してみませんか?ココロを縛りつけていたものがほどけて、楽になれるかもしれません。

ブッタの14の教え

01.
人は「私はこういう人間だ」と自分で考えるその通りのものになる。
それと異なったものになることはない。

02.
今日すべきことは明日に延ばさず、確かに行くことこそよい一日を生きる道である。

03.
戦いにおいて、一人が千人に打ち勝つこともある。
しかし、自己に打ち勝つ者こそ、最も偉大な勝利者である。

04.
思いわずらうな。なるようにしかならんから、今をせつに生きよ。

05.
自分で自分を、励ましなさい。
まず、自分を正しく整えてから他人に指摘せよ。
そして、他人に指摘したことは、自分も実行せよ。

06.
為すべきことであるならば、それを為すべきである。それを断乎として実行せよ。

07.
苦悩を乗り越えるための聖なる道は8つの部分からできている。
正しいものの見方、正しい決意、正しい言葉、正しい行為、
正しい生活、正しい努力、正しい思念、正しい瞑想である。

08.
善を成すのを急ぎなさい。
善を成すのにのろのろしていたら、心は悪を楽しむようになります。

09.
最大の名誉は決して倒れないことではない。
倒れるたびに起き上がることである。

10.
他人の過失を見るなかれ。
他人のしたこととしなかったことを見るな。
ただ自分のしたこととしなかったことだけを見よ。

11.
生まれを問うな、行為を問え。

12.
堅い岩が風に揺るがないように、
賢い人はそしられてもほめられても心を動かさない。

13.
多く説くからといって、その故に彼が賢者なのではない。
ココロ穏やかに、怨むことなく、怖れることのない人、
彼こそ賢者と呼ばれる。

14.
過去は追ってはならない、未来は待ってはならない。
ただ現在の一瞬だけを、強く生きねばならない。

 

ライター:中村千春