デビュー10周年を記念した今回で一旦その幕を閉じることとなった「AZUDECHANeeL』

 メジャーデビュー10周年を迎えたシンガーのAZUが去る5月27日、東京・目黒Blues Alley Japanで単独ライブ『〜AZU 10th Anniversary PREMIUM LIVE〜 AZUDECHANeeL FINAL』をおこなった。『AZUDECHANeeL』(アズデシャニール)は、食事を楽しみながら、生楽器での演奏をバックに、歌声を聴くスタイルのライブ。2013年にVol.1がおこなわれて以来、不定期でおこなわれている。AZUは「また新しいことを始めるために、ファイナルという形でやらせてもらっています」と語り、デビュー10周年を記念した今回で一旦その幕を閉じることとなった。ライブは1部、2部とセットリストを変えておこなわれ、5月31日にリリースされた『SINGLE BEST + 〜10th Anniversary〜』の楽曲を中心に、新曲「Thank you」など全11曲を披露した。この日、AZUは最後のMCで一般男性との結婚もファンに報告した。その1部の模様を以下にレポートする。

また新しいことを始めたい

AZU

 大人の趣のある、ムーディーな雰囲気のライブハウスは、AZUの10周年を祝おうと多くの人で満たされていた。食事を楽しみながら、開演を待ちわびる観客。定刻を少々過ぎたところで、照明が変化、サポートメンバーがステージに登場し、演奏がスタート。コーラスのAsca(Cho)がAZUを呼び込み、会場後方から大きな拍手のなか、AZUがステージに。

 『AZUDECHANeeL FINAL 』のオープンングナンバーは「コイイロ」。10周年を迎えることに幸せそうな満面の笑みで歌い上げるAZU、観客も手拍子で一体感を作り上げ、儚さと力強さが同居した歌声が、聞くものの背中を押してくれた「IN MY LIFE」、「YMD(ハートマーク)」を、ナチュラルな歌声で聴かせた。その歌声に観客も酔いしれているようだった。「Woman」では観客ひとり一人に語りかけるように会場を見渡しながら、歌う姿が印象的に映った。

 ここで最初のMCへ。観客とやりとりをしながら、一気にアットホームな、和やかなムードへと変わった。フランクに接するAZUのトークは歌っている時とはまた違った魅力を見せていた。「終わりがあって、始まりがある。人は何度でも繰り返し人生を歩んでいくんじゃないかな、と思って描いた楽曲です」と楽曲に込められた想いを話し、昨年に配信限定リリースされた「again」を届けた。そのダイナミクス豊かな歌から、まるで歌詞の情景が見えてくるようだった。目を瞑り、言葉に聴きいる観客の姿も見られた。その余韻に浸りながら、「Ring〜M&M〜」へ。ステージを楽しむAZU。愛に満ちた心地よい響きが会場を包み込んだ。

 続いてはジューンブライド間近のこの時期にぴったりのナンバー「Promise」。ピアノ伴奏と歌という最小限の編成で、ワンコーラス歌い上げるAZU。2コーラス目からバンドサウンドで展開すると、歌の表情も変わっていくのがわかる。多幸感溢れるナンバーに、観客もAZUの優しい歌に包まれているかのようだった。

 再びのMCコーナーでは『AZUDECHANeeL』について語った。「10年、色々あった。『AZUDECHANeeL』は今日がファイナルですが、また新しいことを始めるために、ファイナルという形でやらせてもらっています。これが最後というわけではなく、もっと面白いことができたらなと思っているので寂しがらないでね」と、次なる楽しいことを始めたいという思いが決めた、ファイナルという選択肢だったことを話す。

「この度、結婚致しました」

AZU

 そして、「みんなが良く知っている曲です」と代表曲のひとつである「For You」。バンドの出す音とシンクロするかのようにエモーショナルな歌で観客を扇情させていく。アウトロに入る前の伸びやかなロングトーンは、会場の隅々まで浸透していくようだった。続いて、レゲエのリズムが体を揺らす「YOU & I feat. LOVE LOVE LOVE」へ。オリジナルとはまた違ったアレンジで聴かせる。<ありのままを包んでくれるのbaby♪>で笑顔で観客を指差すAZUのパフォーマンスが印象的。

 「みんな喉の調子どうですか? 一緒に歌ってくれますか? もっと上がれるという人どれくらいいるの!?」と観客を煽り、アップテンポ感が体を弾ませる「JEWEL SKY」を披露。途中でメンバー紹介を挟み、エンディングでは観客もシンガロング。一体感溢れるナンバーで盛り上がった。

 AZUは「10年の中で沢山の人に巡り会えました。沢山の人に支えられ、メジャーデビューして10年走ってこれました。その中でいつも感じていることは、“当たり前”ということは存在しないんだな、ということです。時間というのはかけがえのないものだと、つくづく感じさせられます」とこの10年を振り返った。

 「10年間一緒に歩いて来てくれたみんなにもすごく感謝しているし、『これからも宜しくね』という意味も込めて作った歌があります」とベストアルバムに収録されている新曲「Thank you」について話した。

 続けて、「ここで皆さんに報告があります。この10年の間にとても素敵な人と巡り合いまして、この度、結婚致しました」と結婚を報告。会場からは祝福の拍手と歓声で包まれた。そして「一人の女性であり、一人のミュージシャンとして10年、20年、30年と、声が枯れるまで歌い続けていきたいなと思っていますので、これからも応援宜しくお願いします」とこれからの活動への意欲を見せた。

 ラストは新曲「Thank you」をありったけの感謝を込めて歌唱。<君がくれたこの場所から〜♪>というこの言葉が、当たり前ではないこの瞬間を強く表しているようだった。情感を込めた歌が温かい空間を作り出し、演奏が続くなか、AZUはステージを後にし、『AZUDECHANeeL FINAL 』第1部のステージの幕を閉じた。

(取材=村上順一)

AZU ライブのもよう AZU AZU ライブのもよう
AZU ライブのもよう

セットリスト

第1部

01.コイイロ
02.IN MY LIFE
03.YMD(ハートマーク)
04.Woman
05.again
06.Ring〜M&M〜
07.Promise
08.For You
09.YOU & I feat. LOVE LOVE LOVE
10.JEWEL SKY
11.Thank you

メジャーデビュー10周年記念シングルベスト 

AZU 「SINGLE BEST + 〜10th Anniversary〜」 5.31 On Sale
BVCL-805/806(CD2枚組) 税込3500円

【Disc1】
1.CHERISH
2.JEWEL SKY
3.コイイロ
4.時間よ止まれ feat. SEAMO
5.いますぐに・・・
6.I WILL
7.YOU & I feat. LOVE LOVE LOVE
8.For You
9.たしかなこと
10.IN MY LIFE

【Disc2】
1.To You...
2.Broken Heart
3.トモダチ☆★
4.Woman
5.Promise
6.Circles of Life
7.Summer Time!!!
8.YMD♡ Co. SEAMO
9.again (CD初収録)
10.Thank you (新曲)