<全米オープン 最終日◇17日◇エリンヒルズ(7,741ヤード・パー72)>
海外男子メジャー第2戦「全米オープン」の最終日。トータル6アンダーの14位タイからスタートした松山英樹が14番パー5まで終えてトータル11アンダーと初のメジャー制覇へ向けて追い上げを見せている。首位のブルックス・ケプカ(米国)、ブライアン・ハーマン(米国)とは2打差で終盤に入った。
激動の全米オープンを特選フォトギャラリーでプレーバック!
この日の松山は1番パー5でバーディを奪う幸先の良いスタートを見せると、4番パー4ではグリーン外からパターで放り込んで2つ目のバーディ。さらに続く5番パー4もセカンドをベタピンにつけて連続バーディとした。6番はボギーとしたものの、後半に入って11番パー4、12番パー4と連続バーディ。パー5の14番でもバーディを奪って上位に迫った。現時点で3位タイ。
松山より上にはトータル13アンダーのケプカ、ブライアン・ハーマン(米国)のみ。松山と並ぶトータル11アンダーにリッキー・ファウラー(米国)がつけている。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

メジャータイトルは誰の手に?リーダーボードで速報中!
初のメジャーVなるか!?松山英樹の1打速報はこちら!
「変わりすぎている」パットのフィーリングに苦しむ松山英樹は6打差14位に後退
波乱の予感…世界ランク導入後初トップ3全員予選落ち
【記者の目】全米オープンで猛追する松山英樹のアイアンとウェッジを考察