逆転でツアー通算4勝目を挙げたヘンダーソン(撮影:GettyImages)

写真拡大

<マイヤーLPGAクラシック 最終日◇18日◇ブライズフィールドCC(6,451ヤード・パー71)>
米国女子ツアー「マイヤーLPGAクラシック」は、前日からのコンディション不良が回復しなかったため本来パー5の5番ホールをパー3としてパー69でのプレー。そんな中、2位タイから出て3バーディ・ノーボギーの“66”で回ったブルック・ヘンダーソン(カナダ)がトータル17アンダーで逆転優勝を飾った。19歳のヘンダーソンはこれでツアー通算4勝目となる。
まだまだ話題沸騰中!ミシェル・ウィーのギリギリセクシーウェアはこちら
2打差の2位タイにミシェル・ウィー(米国)とレクシー・トンプソン(米国)が入っている。トータル8アンダーの26位タイから出た野村敏京は4バーディ・2ボギーの“67”で回り、トータル10アンダー17位タイでフィニッシュした。
新世界ランク1位のアリヤ・ジュタヌガーン(タイ)はトータル9アンダーで22位タイ、前週ランク2位に後退したリディア・コ(ニュージーランド)はトータル12アンダーで10位タイとなっている。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

リーダーボードで速報中!詳しい順位をチェック!
初のメジャーVなるか!?松山英樹の1打速報はこちら!
野村敏京、26位後退も上位進出に自信「トップ10は楽に入れる」
レクシーの悲劇は繰り返さない ペナルティ疑惑を一蹴したマスターズの英断
【記者の目】全米オープンで猛追する松山英樹のアイアンとウェッジを考察