欠席する時は何を送る? プランナーに聞く結婚式のニッチなマナー

写真拡大 (全5枚)

年齢的にも、出席することが多くなってきた結婚式。そんな結婚式には様々なマナーがありますが、意外と知らないことも多いのではないでしょうか。

大人として恥をかかないために、今回は結婚式のニッチなマナーについて、ウエディングプランナー歴9年、都内某結婚式場スタッフであるOさんにお話を伺ってきました。

■欠席の場合は電報を送るべき?


――もし結婚式を欠席してしまう場合は、何か送るべきなのでしょうか。

「『お気持ち』でご用意していただくものなので、絶対に送るべきということはありませんが、やむをえず欠席をしてしまう場合は『電報』を送られる方が多いですね。当日、会場に送っていただけると、新郎新婦へのサプライズにもなるのでいいと思います」(Oさん)

――どんな種類が適切ですか?

「ぬいぐるみやバルーンなど、今は種類がとても多くあるので、新郎新婦様に喜んで頂けそうなもの、という基準で選ばれるのがおすすめです」

――電報を選ぶ際に、注意すべきことはありますか?

「交友関係が広い新郎新婦だと、他の人と被らないように配慮していただいたほうがいいかもしれません。。実際に『ディズニーが好き』と言っていた新郎新婦の元に、ミッキーの電報が3セットも届いたことがありました」

――電報ではなく、プレゼントを送ってもいいのでしょうか。

「もちろんです。式場に送っていただいてもいいですし、新郎新婦の家に直接送っていただいてもいいと思いますよ」

――送ってはいけないものなどはありますか?

「会場宛にお送りいただく場合には、お二人がその日に持ち帰ったり、ご自宅へ送られたりするので、それを考慮して、フルーツなどの生ものや持ち帰りに困るような大きいものなどは避けられるのがおすすめです」

■会費制の式、会費以外に必要なものは?


――たまに会費制の式もありますよね。

「はい。ゲストの方に負担がないように……という配慮から、新郎新婦の方で会費制を選ぶ方が増えています」

――会費制の場合、ご祝儀はどうすればいいのでしょう。

「ゲストに負担をかけないための会費制ですので、基本的に会費以上のご用意は不要です」

――プレゼントなども用意しなくていいのですか?

「プレゼントは絶対に用意すべき、ということはありません。しかし、お気持ちとしてご用意いただくのなら、新郎新婦にも喜ばれるのではないでしょうか」

■神前式って、特別なマナーはあるの?


――神前式に参加する場合、何か気をつけるべきことはありますか?

「キリスト教の式と同様、肌の露出は避ける、華美な服装は避ける等,
一般的なマナーは守るべきかと思います」

――キリスト教式は、みんな自由に写真を撮っていますが……。

「神前式の場合、挙式中のお写真撮影は厳粛な式の妨げとなるため基本的にNGな場合が多く、式場のカメラマンでもシャッター回数に制限などがあったりしますよ」

――その他に、神前式で気をつけるべきことはありますか?

「キリスト教式と違うことで言えば、挙式中の途中参加は不可、という場合が多いので注意してください」

■結婚式のマナー、どこまで守るべき?


――最近は、自由なスタイルの結婚式も多いですよね。どこまでマナーを気にするべきか悩んでしまいます。

「レストランウエディングやゲストハウスウエディングなど、最近は古い習慣にとらわれないスタイルでパーティーをしたい、という新郎新婦が増えています。ただ、当日会社関係の方や親族が多い場合は、一般的なマナーは守ったほうがいいかと思います」

――例えばどんなマナーですか?

「服装で言えば、新婦様とかぶってしまう白いドレスは避ける、毛皮やつま先の出るミュールは避ける、などの一般的なマナーです」

――守るべきものとそうでないものの違いはありますか?

「基本的にはご不快に思われる方がいらっしゃらないように……という心遣いが大事かな、と思います。迷った時は、事前に新郎新婦に確認をとっておくと安心ですよ」

今後の友人関係を良好に保つためにも、結婚式のマナーはきちんと頭に入れておきたいものですね。

(彩香+どてらい堂)