「普通の子」なんて、どこにもいない

「名もない花」はないように
「普通の子」なんてどこにもいない

(文・曽田 照子)