【警告】FC東京=室屋(24分)、太田(54分) 横浜=なし
【退場】なし
【MAN OF THE MATCH】マルティノス(横浜)

写真拡大 (全4枚)

[J1リーグ15節]FC東京0-1横浜/6月18日/味スタ
 
【チーム採点・寸評】
FC東京 5.5
1点を争うという狙い通りの展開を迎えながらも、その1点が遠く、4戦ぶりの敗戦となった。試合を決めるための1点を奪うためには、ゴール前での判断の精度はこれからの課題か。

【PHOTO】アウェーの横浜が天野の決勝弾でFC東京を下す

【FC東京|採点・寸評】
GK
33 林 彰洋 5.5
失点を喫したものの、ゴール前の制空権を握り、ビッグセーブもあった。
 
DF
2 室屋 成 5
対面したマルティノスに手を焼き、サイドの主導権争いで後手を踏んだ。
 
4 吉本一謙 5.5
シンプルなプレーを心掛け、身体を張った守備でチームを助けた。
 
3 森重真人 5.5
吉本とのコンビでウーゴに仕事をさせず、ビルドアップにも貢献した。
 
6 太田宏介 5.5
左サイドから多くのクロスを供給したが、横浜の高い壁に阻まれた。
 
MF
37 橋本拳人 5(84分OUT)
守備での貢献度は高かったが、課題のビルドアップでミスが目立った。
 
8 郄萩洋次郎 5.5
技術の高さを見せたが、一発で相手の背後を狙いすぎる面も。
 
38 東 慶悟 5.5(77分OUT)
攻守での貢献度は高いが、もっとゴール前で攻撃に絡みたかった。
 
13 大久保嘉人 5
本人も語る通り、二度の決定機を逃したのは痛恨だった。
 
23 中島翔哉 6(69分OUT)
判断の質が向上し、攻撃の中心を担った。あとはゴール前の落ち着きか。
FW
9 ピーター・ウタカ 6
この日はチャンスメイクに専心。最前線で身体を張り、攻撃の起点となった。
 
交代選手
MF
44 阿部拓馬 5(69分IN)
復帰戦となったが、ボールが足につかない場面も目立った。 
 
MF
15 永井謙佑 ―(77分IN)
スピードを活かした突破でチャンスを作り出したが、ゴールに至らなかった。
 
MF
10 梶山陽平 ―(84分IN)
ロングボール策に切り替わったため、ほとんどボールに触る回数はなかった。
 
監督
篠田善之 5.5
試合前から予想していた展開となったが、終盤の勝負どころで持ちこたえられず失点。競り負けてしまった。
【チーム採点・寸評】
横浜 6
手堅い試合内容で狙い通りの展開から決勝点を挙げ、3連勝を飾る。試合の機微を読み、勝負どころでの仕掛け、決定力が光った。それを支えたチーム全体の守備の頑張りには頭が下がる。
 
【FC東京|採点・寸評】
GK
21 飯倉大樹 6
守備範囲の広さと、安定したプレーで無失点に貢献した。
 
DF
13 金井貴史 5.5
東京に起点を作られて難しい展開が続いたが、水際で防いだ。
 
4 栗原勇蔵 6
中澤とのコンビで中央を堅く締め、完封勝利に貢献した。
 
22 中沢佑二 6.5
高さと、強さは衰え知らず。危機察知能力の高さに年齢は関係ない。
 
24 山中亮輔 6
積極果敢な攻撃参加で、左サイドの攻撃を活性化した。
 
MF
8 中町公祐 6
確実にショートパスをつなぎ、チームにリズムを生んだ。
 
6 扇原貴宏 6
長短のパスを自在に操り、多くの1対1の場面を作り出した。
 
10 斎藤 学 6
強引な突破で相手の脅威となったが、持ち味を生かし切れていないか。
 
14 天野 純 6.5
思い切りの良いシュートはまさに値千金。チームを勝利に導く決勝点を奪取。
 
20 マルティノス 6.5
得点に絡むことはなかったが、左サイドを制圧。東京の脅威になり続けた。
 
FW
7 ウーゴ・ヴィエイラ 5.5(82分OUT)
ゴールにつながる動きを常に続けたが、得点パターンが限られている。
 
交代選手
FW
17 富樫敬真 ―(82分IN)
途中出場で、アシストを記録。短い時間でしっかりと仕事を果たした。
 
監督
エリク・モンバエルツ 6
攻守に渡る手堅い試合運びで3連勝を達成。着実に勝点を積み上げることに成功した。