2つ伸ばして折り返した松山英樹(撮影:岩本芳弘)

写真拡大

<全米オープン 最終日◇17日◇エリンヒルズ(7,741ヤード・パー72)>
海外男子メジャー第2戦「全米オープン」は最終日の競技をスタート。6打差の14位タイの松山英樹は3バーディ・1ボギーとスコアを2つ伸ばしてハーフターンを迎えた。
激動の全米オープンを特選フォトギャラリーでプレーバック!
大逆転を目指しJ・B・ホームズ(米国)と共にコースへと飛び出した松山は、出だしの1番パー5で2オン2パットのバーディを奪うと、4番でチップイン、5番ではピンを差して連続バーディ。6番でボギーを叩いたが、トータル8アンダーまで伸ばして首位と5打差と、奇跡の大逆転へ望みをつないだ。
その他の日本勢は宮里優作がトータル9オーバーの60位タイ、小平智はトータル3オーバーの46位タイでホールアウトしている。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

メジャータイトルは誰の手に?リーダーボードで速報中!
初のメジャーVなるか!?松山英樹の1打速報はこちら!
「変わりすぎている」パットのフィーリングに苦しむ松山英樹は6打差14位に後退
波乱の予感…世界ランク導入後初トップ3全員予選落ち
【記者の目】全米オープンで猛追する松山英樹のアイアンとウェッジを考察