バーディ発進を見せた松山英樹(撮影:岩本芳弘)

写真拡大

<全米オープン 最終日◇17日◇エリンヒルズ(7,741ヤード・パー72)>
海外男子メジャー第2戦「全米オープン」は最終日の競技をスタート。6打差の14位タイの松山英樹も大逆転を目指しJ・B・ホームズ(米国)と共にコースへと飛び出した。
激動の全米オープンを特選フォトギャラリーでプレーバック!
出だしの1番でティショットをフェアウェイ左サイドに置くとセカンドはスプーンで2オンに成功。約15メートルのイーグルパットはショートしたが、続くパットを沈めてバーディ発進。トータル7アンダーにスコアを伸ばす好スタートを切った。
その他の日本勢は宮里優作が17番を終えてトータル9オーバーの61位タイ、小平智は11ホールを消化してイーブンパーの35位タイとしている。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

メジャータイトルは誰の手に?リーダーボードで速報中!
初のメジャーVなるか!?松山英樹の1打速報はこちら!
「変わりすぎている」パットのフィーリングに苦しむ松山英樹は6打差14位に後退
波乱の予感…世界ランク導入後初トップ3全員予選落ち
【記者の目】全米オープンで猛追する松山英樹のアイアンとウェッジを考察