17日、中国の動画ニュースサイト・梨視頻が、日本の消防隊員が、側溝に落ちたカルガモの子供を救出する様子を撮影した動画を紹介した。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。写真はカルガモ。

写真拡大

2017年 6月17日、中国の動画ニュースサイト・梨視頻が、日本の消防隊員が、側溝に落ちたカルガモの子供を救出する様子を撮影した動画を紹介した。

福島県郡山市内で、カルガモの親子が歩いていたところ、側溝の穴に子カルガモ7匹すべてが落ちてしまい、親カルガモだけが残されてしまった。そこで約1時間後に消防車が駆けつけ、消防隊員によるレスキュー作戦が行われた。

側溝のふたを開けて1人の消防隊員が側溝の中に入り込み、子カルガモを追いこんで、ふたを開けておいた別の側溝の入り口から子カルガモを救出するという方法で、すべての子カルガモを救出した。その後、このカルガモの親子は近くの川に放されたが、動画ではこの救出の様子を紹介している。

これを見た中国のネットユーザーから「これは超萌える」、「この消防隊員はなんて愛があるんだ」、「消防隊員は何でもできるんだな」など、カルガモ救出に対する称賛のコメントが多く寄せられた。

しかし、「中国だったらとっくの昔に食べ物に変わっているだろうね」、「大きくなったらきっととてもおいしくなるに違いない」などとするユーザーも少なくなかった。

ほかには、「カルガモに対する愛はいいのだが、クジラに対してはどうだ?」と日本の捕鯨に絡めたコメントや、「ポイントは日本の側溝がとてもキレイだというところだ」と、異なる視点からコメントするユーザーもいた。(翻訳・編集/山中)