“都合のいい女”になってしまったり、いわゆる“セフレ”のような状態になってしまうと、なかなか彼女になるのは難しいですよね。

何でも男性の思い通りになってしまうような行動を取ってしまうと、いつまでも都合良く利用されてしまうだけでしょう。



出典:Nosh

そこで今回は、“セフレから彼女に昇格できない女子”の特徴を紹介します。

 

■「言いなり」になってしまう

嫌われたくないからといって、なんでもかんでも男性の言いなりになってしまうと、“この子は俺の言うことには逆らわない”と男性には思われてしまいます。それでは男性の都合のいいように扱われるだけでしょう。

何度もドタキャンをされたり約束を破られたりしても怒らなかったり、呼び出されたらたとえ深夜であろうとすぐに駆けつけてしまったり……。そんなことをくり返していたら、“セフレ”状態からは抜け出せないままになりますよ。

 

■全く「詮索」をしない

男性は女性から束縛をされることをとても嫌います。だからといって、全く何の詮索もしなかったら、逆に自由にやりたい放題やられてしまう危険性を伴ってしまいます。それでは男性の思うツボになってしまう可能性も高いでしょう。

現状に納得していて、自分のやることに詮索や文句も一切言ってこない。

そんな女性を男性はわざわざ彼女にしようとは思いません。今のまま遊び相手としてキープしておこうと思われてしまうだけですよ。

 

■あまりにも「尽くしすぎる」

自分に尽くしてくれる女性が男性は大好きですし、彼女にしたいと感じる女性でもあるでしょう。

ただ、やはりやりすぎは禁物です。あまりにも尽くしすぎてしまうと、男性を図に乗らせてしまうことにもなりかねません。

男性は「あの子は俺にベタ惚れだから」と感じると、遊び相手でも問題ないだろうと思ったりもしやすいです。

追いかけられるよりも追いかけた方が夢中になるのが男性なので、好意を全面に押し出しすぎてしまうのはあまりいい効果を生みませんよ。

 

■自分に「自信」を持っていない

自分に自信のない女性は、自分が“セフレ”状態になってしまっていても、その状況に甘んじてしまうケースが多いです。「私なんかに好きって言ってくれる男性は他にはいない」なんて考えになってしまいやすいのです。

今の状況から抜け出したいとは感じていても、それで嫌われたらどうしようと思い、言い出せないままになってしまったりもするかも。

自分に自信を持っていない女性はあまり魅力的にも見えないので、そのままではなおさら彼女に昇格するのは難しくなってしまいますよ。

 

“都合のいい女”になってしまい、そのままズルズルといってしまうと、なかなかそこからは抜け出せなくもなってしまいます。彼女に昇格したいのであれば、男性の言いなりになってしまいすぎるのは危険なことでしょう。

【画像】

※ Kseniya Ivanova/shutterstock

【関連記事】

※ キスなしでエッチ終了…!? 男子が冷めたらしなくなるコト4つ

※ 「私とならどう?」男がついOKしちゃう!大人女子の告白テク

※ 思わず受け入れちゃう!女性から「エッチを仕掛ける」テクニック

※ たまんねぇ…彼氏に「毎晩でも抱きたい!」と思わせるテクニック

※ 一生に一度の決断。男が「この子と結婚しよう」と腹をくくる瞬間

※ 100人斬り自慢にギョ…!アラサー男がドン引きした職場女子4選