両チームが入り乱れるつかみ合い、意識失う病院送りの惨劇… 川崎と広島に起きた”激震の3分間”

写真拡大

川崎が広島に勝利も、一連の騒動に動揺走る

 川崎フロンターレは17日、J1第15節でサンフレッチェ広島と対戦し、ホームで1-0と勝利を収めた。しかし、この日は勝敗以上に、ある一連の騒動が大きな波紋を呼んだ。

 事の発端は前半16分だった。ピッチ中央で川崎MF大島僚太がボールを受けた際、広島MF青山敏弘が強烈なタックルを見舞う。転倒した大島が直後に青山へ詰め寄ると、後ろから川崎MFエドゥアルド・ネットが猛然と駆け寄って青山を突き飛ばす事態に。これにより両チームの選手たちが入り乱れ、つかみ合いにまで発展したが、主審は川崎側の被ファウルとしたうえで、青山とE・ネットにそれぞれイエローカードを提示し、事態を収拾させた。

 ところが、このファウルによるFKで、新たなアクシデントを招いてしまう。FK地点はゴールから30m以上離れていたが、同18分に川崎MF中村憲剛が出した横パスを、大島が渾身の力で右足を振り切るロングシュートを狙った。しかし、このボールがブロックに入った広島MF柏好文の顔面に直撃し、そのままピッチに卒倒した。

両チームが協力して対応

 緊急事態を目視した両チームの選手はすぐさま担架を呼び、スタジアムも騒然とした空気に包まれた。両チームの選手とスタッフが協力し、柏の気道を確保した一方、川崎DF登里享平は担架の組み立てを手伝い、敵将である森保一監督に事態の説明に走っていた。柏はその後意識を取り戻したものの、朦朧とした様子でそのまま途中交代となった。

 登里は試合後、「顎に入って、そのままピッチに落ちていっていたので、とりあえず呼吸が止まらないように皆で気道を確保して……どうなったのか心配ですね……」とピッチでの状況を振り返り、柏の身を案じた。

 森保監督は記者会見で「柏は脳しんとうを起こし、吐き気を催していたので、試合途中に救急車で運ばれることとなった」と説明。柏が交代直後に救急車で搬送されていたことを明かした。

 何気ない一つのファウルが両チーム入り乱れる騒動にまで発展し、そのFKで選手が脳しんとうを起こすハプニングまで起きるなど、前半16分から18分にかけた一連の流れが2つのアクシデントを呼び込む、激震の3分間となった。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

【動画】「川崎vs広島」ハイライト

https://www.youtube.com/watch?v=6rutlqai8iE

YouTubeのJリーグ公式チャンネルで公開された「川崎vs広島」ハイライト