警告=浦和:なし 磐田:高橋(14分)
退場=なし
【MAN OF THE MATCH】アダイウトン(磐田)

写真拡大 (全4枚)

[J1 15節] 浦和レッズ 2-4 ジュビロ磐田
2017年6月18日/埼玉スタジアム

【浦和 2-4 磐田 PHOTO】松浦の2発で磐田が逆転勝利!

【チーム採点・寸評】
浦和 4.5
立ち上がりはあらゆる面で磐田に上回られ、球際ですべて負けて先制点を献上。阿部の2ゴールで一時は逆転したが……噛み合わない流れは一向に変わらず、ミスから失点を重ねていった。流れのなかからのチャンスも限られた。悪いところばかりが目立った完敗を喫した。

【浦和|採点・寸評】
GK
1 西川周作 4.5
キックミスをするなど勢いに乗れず、宮崎のFKに飛び出したものの川又に競り負けて先制点を献上。カウンター(縦パス1本)で抜け出したアダイウトンにも球際で負けて失点……。さらに松浦のシュートはニアサイドを抜かれた。失策の連続で、痛恨の今季最多4失点を喫した。

DF 
46 森脇良太 5
微妙な判定ではあったものの、松井へのファウルで与えたFKが失点につながってしまった。ギャップを突く動きは良かったが、最後の局面を打開し切れなかった。切り替えも遅かった。

6 遠藤 航 5.5
チーム全体でボールを奪い切るプレーが限定的だったなか、唯一、球際で勝てていたが、徐々にラインが下がってしまい、抗い切れず。ボールをどのように、どのあたりで奪うのか、そのあたりはチームの重要な課題だ。

5 槙野智章 5
23分にアダイウトンとの競り合いで頭部を強打して流血。失点シーンでは、西川と交錯して、川又にアシストを許した。その後もプレーに精彩を欠いて、球際でことごとく負けてしまった。

MF
24 関根貴大 5.5 (79分 OUT)
前半は自陣で受け身に回る時間が長く、そのなかで12分にロングフィードから興梠の決定的なシュートを演出。そこから一時流れは変わったが……。結果的に、関根が崩し切れなかったことが最後まで響いた。
 
10 柏木陽介 5
引いた位置でボールをさばく時間が長かった印象。CKから阿部のゴールをアシスト。右足のキックミスを拾われ、2失点目を許す。もっと脅威を与える存在になりたい。
 
22 阿部勇樹 5.5
大井に身体ごと押し込まれる形で競り負けて先制点を与える。そのミスを晴らすように、CKからピンポイントで合わせる技ありゴール。深い位置にキックを蹴り込み、攻撃のスイッチを入れた。ただ、ムサエフのプレッシングを嫌ったのか、後方でのプレーが目立ち、危険なプレーはその得点シーンぐらいだった。
 
 
3 宇賀神友弥 5(58分 OUT)
立ち上がりは守備を軸に全体のバランスを保ち、反撃に転じたあと、惜しいクロスを放つなど左サイドからの攻撃を活性化したものの、チャンスに絡めず。運動量が落ちたところで途中交代。
 
9 武藤雄樹 5.5
何度も背後のスペースを突いて、突破口を切り開いていった。ただオフサイドが続き、流れのなかから思うように崩せず。
 
20 李 忠成 5.5(61分 OUT)
右サイドのスペースでボールを受けてタメを作った。大きな展開から好機になりかけた。ただプレスを受けるとボールを失い、他の選手との距離感も悪かった。
 
FW
30 興梠慎三 5.5
ムサエフを弾き飛ばしてドリブルで持ち込むなど強靭なフィジカルを生かしてチャンスメイク。ただ、フリーで空いている選手にパスの選択を出さず、難しいプレーを選択してボールを奪われた。ポストプレーから1点は演出したが、自身がゴールをこじ開けられず。

交代出場
MF
18 駒井善成 5.5(58分 IN)
右ウイングバックに投入され、得意のドリブル突破でチャンスメイク。しかしボールを持ちつ過ぎて、攻撃の停滞(手詰まり)を招いた。
 
FW
8 ラファエル・シルバ 5.5(61分 IN)
ほとんど球際では競り勝ち、ゴール前でボールの収めどころになった。決定的なヘッドが決まっていれば、勝敗も変わっていたか……。ただ、この男の復帰はチームにとって収穫。再離脱だけは避けたい。

MF
21 ズラタン -(79分 IN) 
最後のカードで投入されてゴールに迫ったが……。前線に人が殺到して、徐々に気を遣ってか、中盤まで下がるプレーが増えた。

 監督
ペトロヴィッチ 5
負傷から戦列復帰したR・シルバをベンチに温存して、スーパーサブで起用。チャンスは作れいただけに、その采配自体は決して悪くなかったか……。しかし相手に行った流れを再び掴むことはできなかった。問題は相変わらず「対策」を練られると、とことん弱いところにありそうだ。

※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を平均とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。
 
 
【チーム採点・寸評】
磐田 7
立ち上がりはすべての面で上回り、一時は主導権を握られたものの、松浦投入後に再度流れを掴んだ。中村俊輔不在のなか、いつどのように攻め、守るのか、そのあたりが明確だったゲームプランを遂行。なにより、運動量、球際で浦和を上回るナイスファイトだった。

【磐田|採点・寸評】
GK
21 カミンスキー 6.5
 西川とは対照的に、ゴール前でどっしりと構え、時に強く、時に繊細に対応。2失点は喫したが、勝利をもたらした一因はこの男の大きな存在だ。

DF
41 高橋祥平 6.5
 クロスの精度を欠いたが、その攻撃に対する積極性が浦和を押し込んだ。90分間の中でムラがあり、R・シルバ投入後の終盤は危うい場面も増えたが……ギリギリのところで身体を張り続けた。

3 大井健太郎 7
阿部に競り勝ち先制ゴールを奪取。守備面では興梠のポストプレーを止め切れずに失点を献上。それでも最後まで集中を切らさず、大きな勝利をもたらした。
 

35 森下 俊 6.5
 一歩目の出足が鋭く、相手に自由を与えなかった。立ち上がりにシュートをブロックするなど、ピンチで身体を張り続けた。

MF
5 櫻内 渚 6
相手のCKの場面で阿部のマークを外してしまい失点に絡んだ。ただ豊富な運動量でボールに食らい付く守備は、テクニックを発揮したい浦和の選手たちにとって、実に嫌な存在になっていた。

13 宮崎智彦 7
久々の先発復帰に応え、左足からの精度の高いFKで先制点を演出。プレッシングも怠らず、サイドの攻防でも相手を上回った。

8 ムサエフ 6.5
何度か交わされた場面はあったものの、その球際の強さで、浦和の中盤のパスワークを遮断。ムサエフを避けるように、柏木と阿部を後方に追いやった。

40 川辺 駿 6.5
試合の展開をよく読んで、先にボールに触ることで、自分自身とチームにリズムをもたらした。影の司令塔に、そろそろスポットライトが当たり出しそうだ。
 
MF
22 松井大輔 6.5(68分 OUT)
久々の先発となったが、高い技術とボールキープ力で、中盤にタメを作った。中村俊輔の代役ではなく、松井ならではの強さと巧さを発揮して、勝利に大きく貢献。22番のこの日の活躍は、チームにとっても大きな収穫だ。

 
FW
20 川又堅碁  7
宮崎のCKに競り勝って大井の先制ゴールをアシスト。あの1プレーで、この日の流れが決まった。値千金のワンプレーだった。アダイウトンのゴールも演出するなど、CFとしての役割を果たした。

15 アダイウトン 7.5  MAN OF THE MATCH
スピードに乗ったカウンターから西川に競り勝ってゴール! その後の松浦の2ゴールも演出し、最高点&マン・オブ・ザ・マッチに選出。

交代出場
MF
24 小川大貴 6.5(59分IN)
豊富な運動量で停滞しかけていたサイドの動きを再び活性化させた。
 
MF
11 松浦拓弥 7.5 (68分IN)
先発起用かと思われたベンチスタート。しかし切り札で投入されると、疲労の見えた浦和守備陣をひとりで切り刻み、圧巻の2ゴールを奪取。観ていて気持ちいいプレーを連発した。
 
MF
16 齊藤和樹 -(86分IN)
最後のカードで投入され、前線からのプレッシングを怠らず逃げ切りに貢献した。

監督
名波 浩 7
ラインの位置どり、時間帯別の狙いなど細かく浦和対策を練り、それをまっとう。中村俊不在でも、相手を上回っての勝利をもたらした。鹿島、G大阪、そして浦和に勝利したのは、決してフロックではない。
 
取材・文:塚越 始(サッカーダイジェスト編集部)

※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を平均とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。