【詳細】他の写真はこちら

古今東西、まことしやかにささやかれるバッテリーについてのアレコレ。うわさに聞く都市伝説的なものから、気になっていた小さなトリビアまで徹底調査。スマホのリチウムイオンバッテリーや家電などに使う電池など、身近だからこそ知っておきたい情報だらけ!

充電しながらスマホ使用はNG?



「充電と放電を同時に行うことで熱を持つ。バッテリーは熱に弱いため劣化を早める使い方」(エレコム)とのこと。やっぱり充電しながらは避けた方がいいということだ。

【これは本当!】

バッテリーは充電するほど早くへたる?



スマホのバッテリーは化学反応を起こすことで充放電するため、繰り返すと反応が起きにくくなる。つまり結果的に、充電回数に比例して劣化が早まることになる。

【これは本当!】

素材レベルで爆発を防ぐ電池は作れない?



「ニッケル-3D亜鉛方式」と呼ばれる電池を、米国海軍研究所(NRL)が開発中。亜鉛を構造変化させることで爆発を防止する。2019年にも実用化予定というから驚きだ。

【これは嘘……】

リモコンの電池を回すと復活する?



都市伝説に近いこの話、実は真実。パナソニックによれば、電池を回すことで両極端子のサビが取れて接触が良くなり、一時的に回復したような効果が得られるという。

【これは本当!】

電池の液漏れは構造上ワザと?



電池内で過放電が起きるとガスが発生。これが充満すると爆発するため、電池内の安全弁が開き、液漏れさせることで爆発を防止している。

【これは本当!】

スマホは一度使い切ってから充電するのがベスト?



エレコムいわく、「20%程度残量で充電し、80%位までに充電を留めるのがベスト」。リチウムイオンバッテリーは過充電も過放電も苦手としているらしい。ただ表示に関してはスマホ側の設計によるとのこと。

【これは本当!】

モバイルバッテリーでノートPCを充電できる?



一般的なWindowsノートPCの場合、要求する電圧が例えば20Vだった場合、従来のUSB規格である5Vでは充電されない。ただし、最新のUSB-C搭載のMacBookなどの一部の機種に限り、USB-C対応端子搭載のモバイルバッテリーで充電できる。

【これは本当!】

電池の内容量はバラバラでもOK?



これは良くない。例えば2つの単三形乾電池を同時に使うなら、どちらも新品を入れるのが望ましい。流れる電流の量が一定でないと、ガス反応を促し、液漏れする要因となる。

【これは嘘……】

ダイヤモンドを電池として利用することができる?



ダイヤモンドが放射線にさらされると、小さな電流を発生させるという性質を利用した「核ダイヤモンド電池」を、イギリスのブリストル大学が開発。超長寿命な新エネルギーとして期待されている。

【これは本当!】

冷蔵庫に電池を入れると復活する?



温度変化で電池内に化学変化が起き、電力が復活したような効果を微量ながら起こすこともありますが、液漏れの原因にもなるので危険です」(パナソニック)。

【これは嘘……】

「節電アプリ」でバッテリーは長持ち?



スマホ内のバックグラウンドで動いているアプリを切る等で消費電力が減るので長持ちの要因になる。ただし、アプリの仕様によって効果は変動する。

【これは本当!】

文/三宅隆

※『デジモノステーション』2017年7月号より抜粋